大阪府 K.K 様 ご依頼品
ニチモ 1/200 Scale
海上自衛隊 護衛艦「あまつかぜ」

クリックで画像
が表示されます
   ↓


海自の「あまつかぜ」をニチモが再現!(既に絶版ですが・・・)
かなり昔のキットなので、それなりの大変さはありますが、ご要望とあらばキッチリと素晴らしい完成品に致しましょう!

なんといっても完成時には全長655mm全幅67mm全高194mmと威風堂々の大きさを誇る「あまつかぜ」です。だからといって小さなパーツに掛ける手間を惜しんでしまっては、全体のバランスが微妙におかしく見えてしまうので、大型キットとは不思議な物ですねぇ。このキットは船体改修後の造形が施されていて、アスロック対潜ミサイル搭載型を見事に再現しています。

今回は2つの難所がございました。(もっとあったのですが、それは後述で)
1つ目は、水上走行が出来るようにする事。
2つ目は、古いキットだけにデカールが使い物にならない程に劣化している事。

デカールは弊社のトレース技術でほぼ忠実に新規作成し直す事が出来るのですが、ご予算との兼ね合いもございましたので、お客様とご相談の上、今回はノンデカールでの製作となりました。

水上走行に関しては、もともとキット自体が、モーター組み込みで水上走行可能な設計になっているので、しっかりと接合とバランス取りをして、プロペラシャフトをグリスで封入してあげれば、問題なく浮きます・・・・・え、浮くだけ?!
いやいや、問題なのはここからです。
塗装と接合の関係上、電池蓋は問題ないのですが、モーターに不具合があったり、万が一にも大波などで水を被った場合、モーターを固定している部分の上部の接着を引っぺがして、モーターを調整なり交換する必要があるのですが、そうなると折角の塗装もバリバリと・・・
お客様にご相談させて頂いたところ、「最初の1回くらいしか浮かべないで、あとは飾りますから・・・万が一の時は覚悟してます!」との事。
完成展示を優先して頂いたおかげで、カッコイイ姿に仕上げることが出来ました。

いや、その他にも色々と大変だったんですよ〜(汗)
パッケージと説明書に記載されている電池の必要本数が違っていたり、しかも説明書通りに組み立ててるのに、電池を入れようとしたら直列の間隔が合わなかったり、なんとか調整して電池が収まっても、モーターに対して電池の出力が強すぎる為どう考えても長時間だとモーターが逝ってしまいそうな・・・(説明書推奨クラスのモーターなのに?!)

いや〜、キットとしては突っ込みどころ満載で、楽しかったです。

それでも、完成してみると、大きさも手伝ってか、モノ凄く格好いい!
大きいキットは塗装のダレや吹きムラなど、注意点も多いですが、基本を抑えてしっかりと塗装をすれば、素晴らしい完成度に至ります。


どんな大きなキットでも最高な完成品に致します!
何でもお気軽にご相談下さい! お待ちしていま〜す♪