クリックで画像
が表示されます
   ↓

Me 323 ギガント
・千葉県 S.I様 ご依頼品
マツオカステン 1/144Scale レジンキャストキット

輸送用グライダーme321として開発され後にモーターグライダー化を施され200機程生産されたme323通称ギガント。
メッサーシュミット社により開発されたこの機体はドイツ語で巨人の意であります。
量産に備えスチール製のフレームに布張りという特異な構造の為、攻撃を受けても銃弾が布を貫通するだけで悠々と飛行できたと言われています。
機体前面コクピット下部がカーゴのハッチであり左右に開き軽戦車や野砲、兵員100名程を搭載することができたという記録も残っています。
今回は1/144スケールのガレージキットでこの巨人を再現していきます!

胴体部の製作はプラ製の飛行機のキットと同じ様に左右張り合わせの構成で、レジン特有の反りは若干ありましたが概ね良好です。
次に翼の組立てに取りかかりますがここが巨人と呼ばれる所以、とにかく翼が大きい!
1/144のキットにも関わらず、40センチ程もありました。
翼の組立てが終わったら次は6発も搭載されているノーム・エ・ローヌエンジンを取り付けます。
エンジンと基部の部品が噛み合わず擦り合わせには泣かされましたが、段々と形になって行くこの巨人に苦労も忘れ惚れこんで行きました。

塗装はまず下面のライトブルーを塗装し、下面乾燥後上面のライトグリーンを塗装。
最後にダークグリーンで迷彩をフリーハンドで塗装し、ほぼ完了!
残りのスピナーキャップや胴体の黄色い帯をマスキングして塗装し車輪を取り付けて完成!

製作途中で何度か山場が訪れましたが完成してみるととてもカッコイイ飛行機になりました。
是非曳航専用機であるハインケル He 111Z ツヴィリングを製作して並べて飾って頂きたく思いました。