東京都 T.K 様 ご依頼品
T.A.C 1/144 Scale
ATD-X 心神

クリックで画像
が表示されます
   ↓


航空技術や戦闘機に興味がある方以外では、あまり聞き慣れない機体だと思います。
まぁ、この機体は戦闘機ではありませんが、その方面では非常に重要な役割を担っていることは間違いありません。

まるで大戦中の戦闘機「紫電」や「震電」のように、わざわざ「心神(しんしん)」という、名称までついてはいるが、正式名称は『先進技術実証機(Advanced Technological Demonstrator-X)』と言います。英語表記の頭文字から『ATD-X』と表すのが慣習です。
まぁ、平たく言えば実験機ですね。
しかし、開発自体は三菱重工業が行っている為、国産色の濃い機体のように感じますが、それもその筈。
先進技術実証機というからには、ステルス性はもちろん、高機動性や電子装備の技術研究が目的なので、その辺は他国に知られたく無い部分が多分にあると思われます。

と、まあ、実機解説はこれくらいにして、キットについてです。

元々から抜きの状態が良く無いのか、気泡でハッキリと穴になっているパーツや、箱に詰め込まれていたせいか、主翼が歪んでしまっていたり、形状を復旧するのにもひと苦労でした。

画像だと分かりづらいですが、1/144スケールなので、見た目にもかなり小さいです。
小さいからこそ、機体カラーのせいで観づらくなったディテールを補う意味でも、あえてパネル
ラインのスミ入れは少し強めにしています。
尾翼のグリフォンマークは、以前にこのご依頼者様用に製作したデカールデータを今回は色違いで出力しました。(以前は「黒いグリフォン」でした)

細かいという点では、スラストノズル(ジェット推力噴射口)の後ろに装着されたスラスト・ベクタリングパネル(推力偏向板)なんか、もう塗り分けるだけでも、眼性疲労しまくりです!
また、飛行状態で再現する為に、ベースと支持軸は完全にワンオフで製作しています。

でも、なんだかんだ言っても、完成してみれば、やっぱりカッコイイもんです♪


多少の困難も何のその!!
面倒なガレージキットを綺麗な完成品にしたいなら「NAGAEアートプロダクション」にお任せ下さい! 必ずご満足頂ける仕上がりをお約束します♪