クリックで画像
が表示されます


「MAD MAX」
M.F.P. INTERCEPTOR / BIG BOPPER
・宮城県 Y.T 様 ご依頼品
・アオシマ 1/24 Scale 「インターセプター」プラモデル改造

 

世紀末感溢れるテイストと無骨なメカ達の活躍、そしてメル・ギブソンのかっこよさで映画史に名を残すマッドマックスシリーズ。今回は第一作目の前半に登場した、メル・ギブソン演じるマックスが所属する警察組織M.F.P.のマシン2台を製作しました。
印象的な場面は序盤の暴走族が駆るナイトライダーとのカーチェイスです。2台とも激しくクラッシュしながらも暴走車を追いかける迫力は鬼気迫るものがあり、この派手なカーアクションは2作目以降にも脈々と受け継がれました。またこの2台は現在も高い人気を有しており、基となったファルコンを改造してレプリカを作るファンが少なからずいらっしゃいます。しかしその人気にも関わらずキットや完成品がほとんど販売されておらず、現在は消しゴムですらもプレミア値で取引されています。
今回はINTER CEPTORイエロータイプ(トップ画像右側)とBIG BOPPER(トップ画像左側)を、アオシマ製V8インターセプター(マックスが後半乗った黒いマシン)のキットにトランスキットを組み合わせて再現しました!

まず基にするV8インターセプターと今回製作する2台の大まかな違いを挙げていきます。まずV8インターセプターはクーペタイプですが、この2台はセダンタイプで、後ろ半分が全く異なります。またV8インターセプター自体が相当改造されているため、ボンネットのエンジンむき出しはもちろんマフラーが側面から出ており強烈なキャラクター性を有する特徴になっています。もちろんどちらも今回製作する2台とは大きく異なりますので、主に以上の点をトランスキットを用いて再現します。
しかしこのトランスキットがなかなかの曲者です。ある程度はキットを活かして組み込む設計な為、変則的にボディを切り取ってレジン製のパーツを組み合わせていくのですが、このパーツの精度が大変厳しく成型時の歪みや収縮により説明書の寸法通り切り取ってもピッタリはまらないことがあります。温めて部品の矯正ができる範囲で無いものは、少々強引にパテ盛りをしてラインを繋げていきました。
また今回使用したトランスキットを組み込むだけではドアを再現できません。後部のパーツと本体を擦り合わせた後にスジ彫りとドアノブを追加して、やっとセダンタイプに生まれ変わりました!
もちろん内装もトランスキットを組み込みます。こちらは大きく加工を施す必要はありませんが、幅が車体よりも少し広かったので幅詰めをして調整しました。
精度の都合で止むなくヘッドランプはキットの物でなく市販のクリアーパーツに置き換えています。代用が利かない部品はできるだけ細かい番手のサンドペーパーで綺麗に磨き、その上で塗装をかけて美しく仕上げました。

大変な加工を終えたらいよいよ塗装です! しかし塗装もなかなか厄介です。特にビッグボッパーはボディを一直線に走る複数のライン表現があり、直線とシンメトリーをしっかりとらないと綺麗に仕上がりません。塗装はセオリー通り明るい色から塗り重ねますが、色の境目に段差ができやすい為、厚吹きし過ぎない様乗せてる塗料の量に気をつけながらエアブラシを吹いていきます。ウレタンコートを施す前にこの色段差を細かい目のサンドペーパーで軽く磨いて、段差を極力失くしてやると仕上がりが大きく変わります。
ウレタンコート後も気を緩めてはいけません。磨ぎ出しの際に接いだ部品に力が加わるとわれてしまう可能性があり、そうなってしまうと最悪修正不可能になってしまいます。ここまでの苦労を無駄にしない為にも、どこに力を込めれば大丈夫かも考慮しながら慎重に磨きましょう。

完成した2台は、劇中の激しいカーチェイスが蘇る実車さながら迫力を有する出来になりました!
トランスキットとして難易度が決してやさしくないキットでした。もしキットをお持ちで自力で作れるか悩んでらっしゃる方は、是非弊社にお問い合せ下さいませ。