クリックで画像
が表示されます


日産 シルビアS13 K's
・東京都 K.K 様 ご依頼品
・アオシマ 1/24 Scale プラモデル

 

シルビアと言えばこのマシン! S13は現在でも愛好家が多く、アフターパーツの普及率が高い事からカスタムのベース車としてもよく選ばれます。
グレードはJ's・Q's・K'sとあり、今回製作したK'sは3グレードの中で唯一のターボ搭載車であるため特に人気が高い車でした。
さっそくマシンを製作しましょう!

アオシマ製のキットは少々古いながらも形状やパーツの合いが良好で、現在の目で見ても良作と言えるクオリティです。
モールドやエッジが甘いのが気になるので、ボディのモールド彫り直しを行います。スジ彫り道具は使い慣れている物が一番ですが、弊社では30度刃のカッターの先端で角度を微調整しながら彫り込んでいます。ゲートやパーティングライン処理もカッターでこなしますので、いちいち道具を持ち替える手間が省けます。

ボディーカラーはブラックなので、細かな傷も見逃さず下地処理をした後に黒を吹きます。黒は埃等が混入するととても目立ちやすいので、もし塗装時に埃が入ってしまったら乾燥後にサンドペーパーで部分的に磨いてもう一度薄く塗装しましょう。
ウレタンコート後は磨ぎ出しに入りますが、黒系の色は埃同様傷が目立ちます。細かな傷も見逃さずコンパウンドで磨きとります。ずっと磨き続けていると磨き布にコンパウンドのカスが溜まり、かえって傷が入ってしまう事もあります。そうならないよう、こまめに布をはたいてカスを落としましょう。
今回のキットはエンジンルームが再現されたモデルです。内部もそれぞれ再現していきますが、説明書の指示と実車とは配色が異なる場合がございます。より本物らしく再現したい場合は、なるべく実車資料をもとに塗装をしましょう。

組立てて完成したS13は、往年の勇姿が全体から溢れる仕上がりになりました!
S13やS14はご依頼頂いたお客様が乗っている(乗っていた)仕様を再現する事が多く、毎回全く雰囲気が違うマシンに仕上がり製作が非常に面白い車輛です。ウイングやスポイラー等の形状変更もバッチリお応え致しますので、お気兼ねなくお問い合せ下さい!
(参考・・・シルビアS14