クリックで画像
が表示されます


トヨタ ホンダ ビート
・福島県 T.S 様 ご依頼品
・アオシマ 1/24 Scale プラモデル

 

ホンダきっての小型四輪駆動車が、このビートです! 1200mm足らずの全高ですが、量産車としては世界初のミッドシップでフルオープンモノコック機構で出来ており、見かけ以上にホンダの意気込みが込められた名車なのです。
外装だけでなく中身も独特で、特にメーターパネルはバイクの様な見かけとなっており、より軽快さが表されています。本体に伴いトランクの容量も少なかったので、純正でトランクキャリアが用意されました。
1991年から1996年まで生産されたビートですが、製造時終了後20年弱経過したいまでも人気を集めている名車なのです。
今回はビートを、お客様の仕様に合わせたスタイルに加工しました!

まず前途のトランクキャリアですが、純正パーツでビートの特徴の一つにもなっているものの、キットにはこのパーツがついておりません。金属棒を用いて形状を作り、新造することにしました。
フロントのフォグランプもキットには付属しておらず、こちらも本体を削り込んでから新規に作った部品を組み込んでいます。アンテナも同様に、金属線で再現しました。ハンドルもお客様が交換していたので、見逃さず形状変更!
キット自身はヒケや歪みが少ない良作ですので、ライト回りの擦り合わせを事前にしっかり行っていれば、迷うこと無く組立てられますね。

ボディカラーはお客様からお預かりした写真に合わせて、朱色がかった赤に仕上げました。
また、シートのゼブラ模様もお客様の仕様にしっかり合わせています。白を吹いてから、筆塗りでラインを引いていきました。
プライバシーの問題でナンバープレートの数字は隠してありますが、実際のモデルはナンバープレートもバッチリ再現しています! デカールを自社で印刷できる弊社ならではの強みですね。

完成したビートは、軽快さが前面に現れた、可愛らしさのある一作に仕上がりました。気持ちよく走り抜けていく姿が想像できる仕上がりになっていれば幸いです。