愛知県 T・O 様 ご依頼品
アオシマ 1/24 Scale
「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」より 
デロリアン
クリックで画像
が表示されます
   ↓


名作映画『バックトゥザフューチャー』の続編、「パート2」をタイトルに付けちゃうあたりは斬新でしたが、当時「最初の作品が良すぎる映画は続編が面白く無い」という映画界のジンクスを見事に看破した傑作となりました。

その要因の一つに、前作の締めに登場したこの『タイムマシン』が一役かっていたのは間違いないでしょう。
「デロリアン = カッコいい」を不動の物にしたのはこの作品である事に間違いないと思っています!
バックトゥザフューチャーといえば「デロリアン」、デロリアンといえば「バックトゥザフューチャー」と、国境と時代を越えて誰もが考えつくことでしょう。

さて、今回のご依頼はシリーズ2作目にあたる『BACK TO THE FUTURE Part 2』で主人公マーティーの愛機となるデロリアン(Powered by Mr.FUSION)を単に市販キットのまま製作するのではなく、配線やディテールまでリアルに改造して仕上げる内容となっています!!

実は昔、雑誌の作例で最初の(映画の)デロリアンを、やはり改造仕様で製作したことがありますが、今回もやっぱり手間を掛けていますよ〜♪

パッと見ても分かると思いますが、配線の類は、完全にケーブル化しています。
元々はボディーに一体成型として形付けられている形状になっていますが、これを全部削り取ります!
当然、切削跡が残ってしまうので、一度、本物の車のように綺麗に成型し直してから、改めて実際のコードを長さを調節して切り、それを這わせて接着・・・と思うでしょ?
では、もう少し詳しく・・・
ゴテゴテしているディテールから実車のようにスラントなボディを作り出すのは、簡単そうですが、ちょっとしたミスがボディラインを損ねる事になるので、結構神経を使います。
そして、ボディ塗装の後に配線です。実はコードの長さを調節するのは当然ですが、コードは接着ではなく、所々ボディの裏から0.3mmのワイヤーで引きつけてワイヤーを裏で固定しています。
ボディと別パーツ化しつつ、接着をしないことで、抜群の立体感を表現する事が出来ます。

塗装といえば、今回いつも以上に拘って塗り分けた箇所があります。
もちろん、後部のエンジン(?)回りもそうですが、今回拘ったのは、車体底面。
つまり、シャシーの塗り分けです。
カーモデルで考えると、普段は見えない(と、いうかあまり見ない?!)車体の裏面に拘るときは、リアリティの追求の一環ですが、このキットに関していえば、それだけが理由では無いのです。

このキットの特徴でもある「飛行モードに変形するギミック」ですが、その『チェンジレバーが車体裏面にある』のです!!
と、いうことは、切り替えの時に車体裏は必ず目につきます。
だからこそ、そのときにこの完成品がショボク感じさせない為にも、表も裏も抜かりなく仕上げるのが、心づくしというもの。
あまり気にしていなくても、ふとした時にシャシーを見て、「あれ、よく見ると、車体裏なのに随分と手をかけているんだなぁ〜♪」なって、喜んで頂けると幸いです。


オ〜ッと、随分と長くなってしまいました。
このデロリアン。実はもう一つの顔が有るんです。
次回はそれをご覧に入れましょう。(今はまだナイショです)

それでは、画像をじっくりとご覧頂きまして、『ワタシも欲しい!!』と反応してしまった方は、今すぐ弊社にご依頼下さいますうよう、宜しくお願い致します♪