埼玉県 M.M 様 ご依頼品
アオシマ 1/24 Scale 痛車 No.17
高町なのは ランサーエボリューションX
「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」

クリックで画像
が表示されます
   ↓


明けまして、おめでとうございます♪
2011年も、より一層のご愛顧を心よりお願い申し上げます。


と、いう訳で・・・
今年こそ、今まで以上に完成作品をギャラリーでご紹介が出来たらいいなぁ〜・・・
(『こらー! 新年早々から気合いが足らんぞー!!』って声が聞こえてきそう^^;)

ともあれ、まずは新年一発目は、アオシマが満を持して発売をした、劇場版『なのは』の痛デカールが付いた、正真署名『痛車シリーズ』なんです。

ん? 前にもランエボ(しかも同じエボXで)の痛車を作った気が・・・
そう、聡明なNAGAEアートプロダクションのファンには直ぐに分かりましたよね。

ランエボの痛車としてアオシマが最初に選んだキャラクターは「けいおん!」でした。
ホビーショウのアオシマブースにて初お披露目として展示される作品を『NAGAEアートプロダクション』が仕上げたというのは業界でも有名なお話。
あの時は、デカールさえもきっちりとしたものがなく、製品化されていない(これから製品化される)ということで、それなりに手探りな部分もありました。

しかし、今回の「なのは」は完全な製品版です。その意味では良いキットになっていると思います。

と安心したのもつかの間。デカールの重なり具合などは、「けいおん!」とは比較に鳴らないくらい複雑で、しかも三重ともなれば、その厚みによってはっきり、ボディにデカールの段差が生じてしまいます。

しかし、これもウレタンクリアーの扱いに長けて、さらにデカール段差の無い平滑なさわりごごちを研ぎ出しできっちり出せるほどの技術がないとね?!

さて、ご覧頂いている、「なのは」のランエボは如何でしょうか?
個人的にはフロントのエアロバンパーのコーナーにある『高町改』ってデカールがかなりお気に入りなポイントなんですけど(笑)

ちなみに、黒いボディの『フェイト版痛エボ』も存在するので、お手持ちの方からのご依頼を楽しみにしております(笑)