b
クリックで画像
が表示されます

「ストリートファイターII」より
春麗
・岐阜 S.E 様 ご依頼品
・POP   1/4 Scale ポリストーン完成品リペイント


弊社はキットを一から製作するご依頼を沢山頂いておりますが、既に出来上がっている完成品の修理やリペイント(再塗装)してほしいというご相談も、キット製作と同じくらいの数のお問い合せを頂いております。
今回ご紹介する完成品は、布製の衣装を着ている都合上、塗り分けにはそれなりの制限がありながらも、大きく印象が変わったリペイント事例としてご紹介致します。
というわけで、格闘ゲームの金字塔「ストリートファイター」シリーズの紅一点、春麗をリペイントしました!

まずは上記の3枚目の画像をご覧下さい。・・・これほど大きく変わりました。
作業範囲としては、衣装が被らない肌全体、髪飾り、腕輪、ブーツ、そして顔です。
特に顔は、ゲーム画像やイラストはもちろん、パッケージの完成見本写真にも似ておらず、春麗として見るにはだいぶ厳しい仕上がりでしたので、全面的に描き直しています。
一点重要ポイントなのですが、造 形 は 一 切 触 っ て お り ま せ ん 。元々彫り込まれていた造形をガイドに、瞳や口を書き直しています。
ここで大変なのが、物自体が首から足に繋がるベースまで全て強力に接着されている為、どこも外すことが出来ずにそのまま抱えて塗らなければならない点です。ポリストーンは破損しやすい素材で重量もある為、手をプルプルさせながらも細心の注意を払って顔を描き込んでいきました。
こうして丁寧に塗り替えると、見違えるべっぴんさんに! 人形は顔が命といわれていますが、今回ほど実感した作例はなかなかありません。
あとは各部分の磨き直し及び、ご指定のカラーにリペイントを施します。特に金色はこだわったご指定を頂きましたので、部分で色味を変えてイメージに近づけました。

完成した春麗は、はじめの状態とは全く印象が異なる完成品に仕上がりました!
この度ギャラリー掲載の為に作業前と後の画像を見比べましたが、あまりに変わりすぎて一瞬見比べる対象を間違えたかと思いました。
お客様のお手元には、高価なコレクションだけど、イマイチ仕上がりに納得が・・・とお思いの完成品はございますか? 今回の作例のように、見違える仕上がりに直せますので、是非ともお気軽にご相談下さい!