ホーム → ギャラリー「フィギュア」 → 愛宕(重装備)
クリックで画像
が表示されます

「艦隊これくしょん」より
高雄型重巡洋艦ニ番艦 愛宕(重装備)
・兵庫県 T.H 様 ご依頼品
・T's System   1/6 Scale レジンキット

愛宕はゲームサービス開始当初から高い人気を誇り、アニメにも出演した事で注目を浴び続ける艦娘です。フィギュア方面での人気も高く、比較的早い時期からガレージキットはもちろんメーカー完成品も出揃い、現在でも様々なグッズがリリースされ続けています。
弊社でも早期にキット製作のご依頼があり、今回の愛宕は以前製作したキットに艤装をプラスしてグレードアップしたバージョンです。(以前製作した愛宕はこちらから
別のお客様からのご依頼という事もあり、仕上がりも前回とはまた違った仕様となっております。早速製作していきましょう!

愛宕本体に関しては、以前の記事と重複する内容となります。
キット状態は問題を探す方が難しいくらい綺麗ですので、パーティングラインの処理に専念していきましょう。大きなスカートは2パーツ構成で繋ぎ合わせる必要がありますが、表から見える部分はもちろんスカートの裏側も正面から見ると見えてしまうので、両面とも綺麗に継ぎ目を消します。制服の胸から走る二本の白ラインに当たるモールドは、キット状態ですと少し浅いのでスジ彫りをし直すと塗装の際に楽になります。
このキットの目玉は、新規に追加された艤装です! 艤装も造形がカッチリしており下地処理に困る事はありませんが、仮組みは少々手強い点があります。キットの説明書には組立図が載っておらず、ディーラー見本や公式イラストから部品の位置を推測しなければなりませんが、部品が入り組んでいる部分やほとんど資料がなかった背中側等は部品同士を合わせて最適な位置を探し出す必要があります。特に背中の艤装と本体の接続位置は一切指示がない上、本体との接続スペーサーが無いので、正面からの位置で固定箇所を割り出し、金属線で繋げなければなりません。この工程を塗装後に回すと仕上げが大変になりますので、必ず塗装前に行いましょう。

塗装はお客様のお好みに合わせて各色を調色して塗装しました。
艤装が付いた事もあり色々な意味で凹凸が多いキャラクターですので、柔らかさと重量感を両立する為にグラデーションの濃さや範囲を部位ごとに細かく調整して、最適な表現に落とし込みます。ストッキングは肌色から立ち上げて、クリアーブラウンを重ね吹きして肌の色味を活かしながらタイツの質感を出しました。
胸元のリボンの柄はデカールが付属していますが、公式イラストとデザインが異なるので、公式に合わせる場合は手描きで再現します。今回は公式イラストに準じたデザインで仕上げました。

最後の組立ては、艤装の位置をきちんと決めていれば問題無く進められます。
完成した愛宕はふわふわした柔らかい雰囲気にカッチリとした艤装の表現が合わさった、艦娘らしい仕上がりになりました!