b
クリックで画像
が表示されます

TERA」より
Eline Ver.8 スチームオルダン Ver.
・神奈川県 K.M 様 ご依頼品
・Cerberus Project   1/6 Scale レジンキット

今回のご依頼品は韓国のBluehole Studios社のリネージュUを開発したスタッフが、4年もの歳月と30億円を超える費用を投じて開発したオンラインゲーム「TERA」。今回はそのTERAより種族エリーンのアーチャー装備を製作してまいります。

まず驚かされるのはそのキット全体のデザイン!
1/6と大きめのキットにも関わらず全体の重量を支えているのがスラリと伸びた左脚1本!
これは製作前から入念に考えてしっかりと補強の軸を入れてやらないと、レジンの重さを支えることが出来ません。
下の台座部分から踵・ふくらはぎ・太ももと1本の軸を通して補強してやるところから始めました。
同様にもの凄いボリュームの弓を構える左手にもしっかりと補強の真鍮線を通してあります。
これによりレジンの重さにも負けない下地を作る事が出来ました。
台座と弊社サービスのベースとの接続も何本もの真鍮線を入れてガッチリと補強してありますので問題無く自立!
キットの仮組みの段階ですでに感動を覚えます。

それ以外のパーツは流石のcerberus projectさんのキット。
合いの悪いパーツは一つも無く、すんなりと組む事が出来ました。

今回の製作で一番の難所はその全身の鎧の質感と装飾部分の塗装でした。
先ず下地としてかつてクレオスさんから発売されていたマジョーラカラーを塗り、その上からクリアブラック・クリアパープルを重ねて行き角度によって色味の変わる鎧の質感を表現しました。
次いで装飾の広い部分はマスキングした上での金色塗装。この金色も吟味に吟味を重ねて調色した、どこか退色したかの様な風合いでいて深みのある金色です。
細かな装飾部分は筆塗りで対応。息を止めて一筆一筆じっくりと色を乗せて行きました。
最後に独特なグラデーションのかかった瞳を描き入れ完成!
瞳の描き込みも何色もの色が使われており非常に手間のかかる作業でした。

肌のマットな質感と鎧・武器の艶感の対比が素晴らしい作品に仕上がりました!
塗装に非常に神経を使うキットではありましたが、完成時には全ての苦労が報われるキットでした。

今回のキットはお客様が来社されての納品でしたが、キット完成の喜びをお客様と直に共有できたことが一番の喜びです。
より多くのお客様とこの喜びを共有することが我々スタッフの仕事と考え日々精進しています。