ホーム → ギャラリー「フィギュア」 → 春雨改
クリックで画像
が表示されます

「艦隊これくしょん」より
白露型駆逐艦五番艦 春雨改
・兵庫県 T.H 様 ご依頼品
・スーパーバイザー   1/8 Scale レジンキット

スタートから3周年を迎え、今もなお人気絶好調の「艦隊これくしょん」より春雨を製作しました。
実際の艦は主に護衛任務や輸送任務に従事し、当初は春雨や夕立が所属する第二駆逐隊に、晩年は白露や時雨が所属する第二水雷戦隊・第二十七駆逐隊に所属して戦没する1944年6月まで活躍しました。駆逐艦としては珍しく最期まで同型の駆逐艦と編成を組む事が多い艦でもありました。
今回はゲーム中で高レベルに達した「春雨改」の姿が再現されたキットを製作しました!

3D出力で作られたキットは精度も高く出来が良い・・・のですが、如何せん艤装の分で部品点数が非常に多くなっています。また細い部品が多く、そのまま作ると不格好になってしまうことがあるので部品の反りが無いか確認しながら作業しましょう。 反りや歪みはドライヤーやお湯等で温めてゆっくり曲げると直せます。
このキットの最大の難所は艤装を全て背負わせた上でベースに固定する事です。艤装がレジンの塊なので大変重く、更に片足立ちで自立させなければならないポーズなので、強度をしっかり考えて軸打ちをしないとあっという間に自壊してしまいます。足には挿せる限りの金属線を深く通し、艤装も同様になるべく強固に固定出来るようにしました。

塗装の一番のポイントは、髪の毛のグラデーション表現です。ゲームのイラストをよく見ると髪の先端部が水色になっていて、グラデーションでピンクに移っていくようになっています。これをエアブラシで表現するのですが、色の濃さや重ねる順番を間違えると色が濁って汚くなってしまいますので注意しましょう! 本作例は淡いピンクを全体に吹いてから水色を重ねて鮮やかな色を出しました。
艤装はディーラー見本にあわせてガンメタルで重厚感を出しています。艤装の色については各ディーラーやメーカー毎に解釈が異なる所ですが、春雨の艤装は見るからに重そうなデザインですので、ガンメタルとの相性がとても良いですね。

最後の組立ては、前途の重量に注意してしっかり固めていきましょう。
全身が組み終わったら、付属のチェーンを回して見本どおりの位置にあわせます。金属素材が入る事で、印象がより引き締まりました。
完成した春雨は、可愛らしさとかっこよさが程よくミックスされた、艦これフィギュアの理想型の様な姿に仕上がりました!