ホーム → ギャラリー「フィギュア」 → イクサー1
クリックで画像
が表示されます

戦え!イクサー1」より
イクサー1
・大阪府 K.S 様 ご依頼品
・RAMPAGE  1/7 Scale レジンキット

OVAがメジャーな存在になりつつあった1985年、彗星の様に現れた作品が【戦え!イクサー1】です。元々は短編漫画として発表され、それをベースに肉付けを行ったのがOVA版となります。
人造人間イクサー1はスーパーマンがごとき強さを誇り、更にイクサーロボというメカにも搭乗するパワフルさが今でも根強い人気となってます。シリーズは90年に発表された「冒険!イクサー3」が最後となっていますが、2000年代に入ってからはスパロボシリーズに参戦し、2016年にはBDが発売されました。
それでは早速製作していきましょう!

キット状態は大変良く、イクサー1本体の処理はパーティングラインを取るだけで大体片付きます。髪の毛が非常にボリュームにあふれ、その分パーティングラインも複雑に入っている為、処理忘れをしない様に気をつけましょう。
今回はお客様の強いご要望で、本キットを購入したワンフェス会場にて展示されていた、躍動感あふれるイクサー1を再現してほしい、との事でその再現の為に
手を加えています。その工夫というのは本体でなく台座の方で、お送り頂いた写真では非常にダイナミックな印象の角度で固定されており、その位置に固定した瞬間は問題が無いのですが・・・時間とともにレジンで出来た支柱がだんだんと曲がっていき、イクサー1が倒れてしまいました。なのでこの支柱部分には金属線を埋め込み、全体がこれ以上曲がらない様に補強を施してあります。内側をくり抜くという大変な作業ですので、足に支柱が刺さっていても気にならないという方は、キット付属の支柱以外に台座に固定出来る支柱を足に何本か刺して固定しましょう。

塗装はワンフェス会場にて展示されていたディーラー見本に合わせて仕上げてあります。どうやらイクサー1のディーラー見本は2つ存在しており、片方はアーマー部分が黒でスーツがツヤ消しで仕上げられているのに対して、こちらは画像の通り紺色のアーマーに光沢感あるスーツ、そして全体にメタリック表現が施されています。胸のクリアパーツは可能な限り磨き倒して、クリアコートだけでは得られない光沢感を表現しました。

完成したイクサー1は、躍動感あふれる勇ましい完成品に仕上がりました!