ホーム → ギャラリー「フィギュア」 → ジェイク・マルチネス
クリックで画像
が表示されます

AMON  Non Scale
「TIGER&BUNNY」より

ジェイク・マルチネス
千葉県 M.H 様 ご依頼品
AMON  Non Scale レジンキャストキット


最狂の悪党、NAGAEアートに再び! タイバニ前半の宿敵ジェイクを製作しました。
前回製作したキットはコートとコンパチのキットでしたが、今回は完全に上半身がはだけた状態でキットされています。
ジェイクと言えば・・・あの刺青! 今回もバッチリ塗りわけました!
早速製作に入りましょう。

前回製作したジェイクはこちらから

以前はコートの下地処理と擦り合わせで苦労しましたが、今回のキットはその難関が無い分下地処理は楽になりました。本体の精度は良好ですので、問題無く下地処理が進められると思います。ただデザイン上一切隠れる所が無い為、小さな見落としも後で目立ってしまいます。

このキットの本番は塗装からです! 全身に入る刺青は全て書き込みで再現しました。前回のキットはコート有り版で組む場合刺青表現は避けることが出来ましたが(弊社作例ではそれでもきっちり入れました)今回は絶対避けられないようになっているので心して挑みましょう。肌色が塗装出来たら1層クリアーコートをして、その上からエナメル塗料で描き込むと失敗した際に色を剥がしやすくなって作業しやすくなります。
他の部分もバッチリ塗りわけます。肌は筋肉質ながらもちょっとモッチリした雰囲気をグラデーションで表現し、パンツと義足は艶の具合を変えてより質感の違いを強調しました。

各部品を組立てて、ジェイク様完成! 今回のキットは自立が可能なので、あえてベースには固定せずお客様にお渡しさせて頂きました。
男性フィギュアは凹凸を強調して存在感を出すと、とても生える出来映えになりますね。