愛知県 H.S 様 ご依頼品
タッチワークス  Non Scale
魔法少女まどか☆マギカ

鹿目まどか

クリックで画像
が表示されます
   ↓

新作劇場版「叛逆の物語」が、公開半月程で興行収入10億円を突破(深夜ベースのアニメ映画では史上最速だとか)したことで、ますますの人気ぶりを見せてくれた「魔法少女まどか☆マギカ」、今回は主人公のまどかを製作しました!
本編をご覧になった方はご存知かと思いますが、魔法少女姿ではほとんど登場しないまどか。
その彼女が満を持して魔法少女となった瞬間が、立体で表現されたキットです。
早速製作していきましょう!

キット状態はバリと気泡が多く、また髪の毛やスカート等のボリューム表現の為、見た目以上にパーツ分割があるので、下地処理は相応の根気を要します。
特にスカートのフリルは複雑にパーティングラインが走り、あちこちに気泡が出ていますので、一カ所ずつ丁寧に処理しつつ擦り合わせを行いましょう。
組み付けても問題無いパーツは、なるべく固まりにします。足はソックスのラインで分割が入っていますが、太ももの部分と接着して一つのパーツとしました。
結んだ髪も一つの房が3〜4パーツで構成されてい
ますので、ディーラー見本画像と照らし合わせながら組み付けます 。
ただ先に組み付けると別のパーツが入らなくなる箇所もあるため、他との兼ね合いに気をつけて作業しましょう。


下地処理が終わったら、いよいよ塗装!
アニメ本編の、淡めな色味で塗装しました。
一見シンプルな塗り分けに見えますが、フリルに入るグラデーションは作業量が多い為、ちょっとクセモノです。
瞳もアニメ画縞に合わせて、斜線表現を入れています。

最後の組み立ては、擦り合わせをしっかり行っていれば問題無く行えます。
キットは宙に浮いた状態での立体化ですので、浮遊感を演出するため一本の真鍮線を台座に通して、固定しています。

如何でしょうか。ラスト目前の、覚悟を宿し凛としたまどかが綺麗に表現出来たと思います。
キャラクター単体のイメージだけでなく、アニメ作品のシーン再現も、NAGAEアートプロダクションならバッチリ表現致します。是非お問い合わせ下さい!