クリックで画像
が表示されます

初音ミク ヴィンテージドレス
・兵庫県 T.H 様 ご依頼品
・グリズリーパンダ   Non Scale レジンキット

ボーカロイドを題材に数々の楽曲と映像を組み合わせたリズムゲーム「ProjectDIVA」。第2作目では一般公募した数々のモジュール(衣装)を盛り込み、前作以上の華やかさになりました。
今回製作したヴィンテージドレスも2作目で登場したモジュールで、正統派なお姫様なスタイルは様々な楽曲と相性が良く、幅広く人気を博しています。
それではさっそく作っていきましょう!

3D出力ガレージキットで定評があるグリズリーパンダ製のキットで、パーツ状態は極めて綺麗です。複雑な部品構成ではありませんが、ディティールが細かく入っているのでパーティングラインの処理に気を遣う点が多いのが難しい所です。精度が高い分カドをなめてしまったり傷つけてしまったりするとそのポイントがくっきり目立ってしまうので、細かな部分はより慎重に下地処理を進めましょう。
クリアーパーツが各所に使われている点もこのキットの特徴です。細かな番手のサンドペーパーでなるべくキズを失くして処理をすることで、透明感を出すことが出来ます。

塗装は衣装の光沢感と肌のコントラストが最も重要です。先に肌を塗装しマスキングをして塗りわけていきますが、マスキングテープの隙間に塗装が漏れてしまうことがあります。塗装のタッチアップ修正は上から再塗装をするかはみ出た色を綺麗に削って剥がすかのやり方がありますが、後者の場合衣装の塗装前にクリアー塗料をコートして肌の塗膜を保護してあげると、色が漏れた際の修正がしやすくなります。(力加減が非常に難しいです!)
クリアーパーツは全体がムラにならないように均一且つ適切な濃さで止めなければならないので、他の部品に比べて難しいところです。ムラになってしまった場合に色を重ねて対処しようとすると、目指していた色より濃くなってしまうことがあります。クリアーと量は重ねる回数が多い程色が濃くなる、という特性を把握した上で塗装に臨みましょう。

完成したモデルは、ちょっとアダルトな気品高い仕上がりになりました!
一見シンプルながら綺麗に仕上げるにはなかなか難しいキットです。キットを入手したけれど綺麗に出来るか・・・とお悩みの方は是非一度お問い合わせ下さいませ。