ホーム → ギャラリー「フィギュア」 → 天堂寺ムスビ
クリックで画像
が表示されます

「Tokyo 7th シスターズ」より
天堂寺ムスビ
・千葉県 A.H 様 ご依頼品
・八音式   1/8 Scale レジンキット

ここ数年でスマートフォンで展開されるソーシャルゲームは爆発的に増え、今やTVCMでもすっかりお馴染みの存在となりました。
Tokyo 7thシスターズもそんなソーシャルゲームの一つで、アイドルを育成してライブを成功させるリズムゲームとして2014年からリリースが開始されました。
天堂寺ムスビはアイドルスタジオ「777」通称ナナスタに所属するアイドルで、成績優秀な生徒会長という完璧な肩書きを持ちながらも極度の心配性で実力を発揮しきれない一面もあるキャラクターです。成長に伴い弱点と思い込んでいた要素を克服していく姿は、育てた労力も相まって多くのプレイヤーから強い愛着を持たれている様です。また好物が焼きそばパンという所でいじられる一面もあります。
今回は777★Sドレスを身にまとったムスビのキットを製作していきます!

キットの状態は良好で、パーティングラインをきちんと追いかければ問題無く下地処理が進められます。
造形にこだわりを感じる躍動感一杯の髪の毛は、パーティングラインを追いかけるのが少々大変です。見落としが怖い方は、予めペンでパーティングラインをなぞり、その線を消す要領で下地処理をすれば見落としなく綺麗に仕上げられます。

アイドルのフィギュアは塗装からが本番です!
シルエットは比較的シンプルですが、ラインや水玉模様等のテクニックを要求されるマスキングを随所で要求されます。塗り分けが不安な方は、下の色を塗装した後に軽くクリアーコートをしましょう。重ね塗り後のちょっとしたはみ出しをカッターの刃先で削る等の対処がしやすくなります。
水玉模様はポンチでマスキングテープを切り抜き、等間隔になる様貼り込んでいきます。このキットは比較的均等に貼りやすい面になっていますが、シワが深い部分や大きく布地が折れていたり奥に入り込んでいる場合はマスキングテープが入らない様な箇所の布の入り込みも計算しながら貼っていかないと、仕上がり時に違和感が生まれてしまうことがあります。慎重にマスキングしましょう。

最後の組立ては、片足立ちで保持するスタイルなのでベースと本体を繋ぐ金属線はなるべく太いものを深く入れてあげましょう。2、3本入れれば尚安心です。
完成したムスビは、ライブの臨場感がよく出たアクティブかつ可愛らしい完成品に仕上がりました!