ホーム → ギャラリー「フィギュア」 → ニーナ
クリックで画像
が表示されます

「ブレスオブファイアII 使命の子」より
ニーナ
・神奈川県 H.S 様 ご依頼品
・ダブルドラゴン   Non Scale レジンキット

1993年に第一作目が発売し、現在もプラットフォームを変えながら続編がリリースされている名作RPG「ブレスオブファイア」。今回は94年にスーパーファミコンから発売された第二作目のヒロインを製作しました。
ニーナはメインヒロインにあたるキャラクターで、飛翼族という羽が生えた人種ですが、本来白い筈の羽が突然変異で黒い姿で生まれ(画像と色が異なる点については、後ほど解説します)王国の第一王女にも関わらず国から追放されてしまいます。
ゲーム中の特徴としては、彼女を先頭にする事で落とし穴に落ちても引き上げてくれる飛行能力と、後にフィールド上を自由に移動できる大鳥を呼べる様になり、移動においては頻繁に前に出てもらう重要なキャラクターになりました。
早速キットを製作していきましょう!

キットは全高で15センチ無い程度の小柄さですが、本体より大きい羽や分割が細かい髪の毛等の整形が一筋縄では行かない部品が多く、なかなか手間がかかります。特に髪の毛は大変細いため、くれぐれも折らない様に注意して取り扱いましょう。
羽がある為、後ろ側に思い切り重量がかかってしまいます。羽との接続を強固に行うのはもちろんの事、足と台座の固定も出来るだけ太い金属線を長めに入れて補強しましょう。ここで手間や材料を惜しんでしまうと、完成後に破損して取り返しがつかなくなってしまうかもしれません!

塗装はお客様のご要望に合わせて、パッケージに掲載されたイラストの色味に合わせました。羽が黒でなく紫なのも、このイラスト合わせで調色している為です。さらに合わせたイラストですと羽の先端部に黄色のグラデーションが入っており(キャラ解説のイラストでは紫一色)この特徴をグラデーションで再現するのですが、同系色でない色同士のグラデーションは自然に見せる色味や範囲の調整が難しく、微調整を繰り返して画像の状態に仕上げました。
羽以外に衣装の装飾も微細で、これまた根気を要求されます。サイズが小さいためこの様な装飾は筆塗りを主として塗りわけるのが定番ですが、今回は塗料の性質を利用した手法で塗りわけました。まず金部分をラッカー塗料で塗りわけてからクリアコートを施し、その後に内側の色(白or黒)をエナメル塗料で塗装し、金縁が残る様にエナメルシンナーで拭き取って仕上げます。この手法は複雑な装飾が入るキットでしたらどのキットでも対応できます!

完成したニーナは、ソフトのパッケージを手に取った
あの感動が蘇る仕上がりとなりました!