b
クリックで画像
が表示されます

「初音ミク Project DIVA f」より
ねんどろいど 鏡音リン リアクターモジュール
・神奈川県 K.H 様 ご依頼品
・グッドスマイルカンパニー ねんどろいど初音ミクVer2,0 /鏡音リン改造


久しぶりのねんどろいどの改造作品ですよ!
今回製作しましたのはゲーム「初音ミク -Project DIVA-」シリーズに登場する、鏡音リンのリアクターモジュール(衣装)バージョンです。もちろん、製品では出てないですよ。

使用したのは、ねんどろいど340番の「鏡音リンFamilyMart 2013 Ver.」と、300番の「初音ミク 2.0」の2体です。
顔と前髪、手のパーツはリン、残りの後頭部、体、脚はミクのものを使用しました。
見て分かるとおり、”使用した。”といっても造形が全く違いますので(特に体部分)、造形に手を入れてやる必要がかなりあります。
改造での一番のポイントは胸の分割点でしょう。本来ねんどろいどの体は腰で分割されていますが、今回のリアクターは衣装デザイン的に腰だけでなく、胸の下でも分割しました。
胸と腹を別にする事により、可動範囲が広がるだけでなく、ワンピースの上にジャケットを着ている感じが、効果的に表現出来たと思います。
スカートとツインテール、ヘッドホン等の小物はパテを使って新規で造形しています。

塗装に関しては、肌の部分以外は全て塗り直しています。
左右で白と黒が反転するユニークなデザインですね。体前後や腕にある模様はゲーム画面をよく確認しながら、筆塗りで行いました。しばらく資料とにらめっこしていると混乱してくる、なかなか厄介な模様でしたよ。
髪の色も、商品の状態よりもすこし、落ち着いた黄色にしています。

その他にも細々と全身にわたって手を加えているのですが、かなり長くなってしまいますのでこのくらいにしておきます。

こうして出来上がった「リン/リアクターVer.」
如何でしょうか。
自分でも欲しくなってしまうくらい可愛く仕上がりました。実際に商品化されたみたいでしょう?

「好きなキャラクターが欲しいけど商品化されてない!」そんな思いをしたことありませんか?
どうやってやるの?とか、何を用意すればいいの?とか、お気軽にご相談下さい。
NAGAEアートプロダクションなら、あなたのそんな「思い」を形にします!