ホーム → ギャラリー「フィギュア」 → STYLET Blue Impulse With たまごひこーき
クリックで画像
が表示されます

「フレームアーム・ガールズ」
STYLET Blue Impulse With たまごひこーき
・千葉県 K.K 様 ご依頼品
・コトブキヤ   Non Scale プラスチックキット

コトブキヤが展開するオリジナルメカキットシリーズ「フレームアームズ」は、デザインの良さはもちろんその拡張性の高さから多くのモデラーに愛されています。
そのフレームアームズの姉妹的存在が「フレームアーム・ガールズ」です。フレームアームズのメカ達を擬人化して新しい魅力を掘り下げる企画で、第一弾の迅雷を筆頭にこちらもヒットを飛ばし続けています。
今回製作したキットは航空機の様なシャープさを備えたスティレットの擬人化モデルに、航空自衛隊が誇るブルーインパルスT-4の要素を組み込んだ限定モデルです。更にたまごひこーきともドッキングが可能という至れり尽くせりな内容です!
早速作って行きましょう!

キットは顔等肌の一部がPVC製で、他はプラで構成されています。顔はキットの状態でアイプリントが施されており、フィギュアの塗装が苦手な方でも安心な構成になっています。スティレットにブルーインパルス仕様のデカールとT-4のたまごひこーきが付属しており組合せが可能ですが、たまごひこーきの方はジョイント出来る様に加工を施す必要があります。簡単な加工ですので、説明書に倣ってチャレンジしましょう!
スティレットは新しいキットですので、部品の合いやシャープさは問題ありません。スジ彫りが全体的に浅いので塗装後の事を考えて少し彫り込むとあとでスミ入れが楽になります。また合わせ目の処理も各所で必要になりますので、プラ用接着剤が少しはみ出す様に溶着させて乾燥後に磨きましょう。たまごひこーきの方は少し前のキットなので、ぴたりと部品が合うか確かめてから接着しましょう。

塗装は参考作例に合わせたカラーを調色して塗っていきます。全体を半光沢で仕上げるので、例えば白を塗装した際に傷や塗膜の凹凸が気になる様でしたら塗り重ねる前に対処してピンポイントで同じ色をかけましょう。塗料を乗せすぎるとスジ彫りが埋ってしまい、この後のスミ入れがとても大変になってしまいますので要注意!
中々大変なのは、たまごひこーきの方です。実際のT-4と同じカラーリングで塗るのですが、当然ボディには塗り分けのアタリは入っていないので完成写真を良く見てマスキングして行かなければなりません。この時左右で少しでもズレがあるとシンメトリーが崩れてかっこわるくなってしまいます。妥協せず納得いくまでマスキングを見直して、問題が無くなったらいよいよ塗装に入りましょう。
塗装後にデカールを貼るので、表面に凹凸が出来ない様に心がけます。事前にクリアーを薄く塗って表面を平滑にすると、より確実にデカールが食い付き易くなります。
今回のベースは完成品に付属していた支柱が挿せる様に加工を施してあります。

完成したスティレットは、メカらしいカッチリさと女の子らしい柔らかさが融合した、カッコカワイイ完成品に仕上がりました! たまごひこーきをはじめとするさまざまなオプションと組み合わせられるプレイバリューの高さも魅力ですね。