クリックで画像
が表示されます

「艦隊これくしょん」より
大和 半身像
・愛知県 T.M 様 ご依頼品
・Atelier Drop D   1/5 Scale レジンキット

大戦期の国内技術の粋を結集して誕生した戦艦、大和。その秘密に包まれた存在と圧倒的な性能、非業の最期を遂げた事で今も尚日本で一番有名な戦艦として君臨しており、創作の世界においても引っ張りだこな存在です。
ソーシャルブラウザゲーム【艦隊これくしょん】でも高い人気を誇り、マスプロダクト製品は勿論ガレージキットでも多数のフィギュアが発表されています。
今回は半身像という形態で立体化された大和を製作しました!

キットの状態は厳しい点が多く、造型を復活させながら表面を均して行きます。特にパーティングライン上には気泡が多く発生しており、埋めるというよりはパテでコーティングして表面を作るという方向で処理をしなければなりません。また胴体は殆どワンパーツで構成されている為、カッターやサンドペーパーが入り難く処理が困難な箇所もありました。
困ったのは頭部の電探や傘等のカッチリすべき部品で、成型の段階で造型が歪んでしまったり複製する型の破損等で正しく形状が出ていなかったりと言った問題が多々出ており、両方とも新規に造型した方が早いと判断してそれぞれ作り直しました。傘はプラ棒とパイプを組み合わせて形状を出し、電探は真鍮線をハンダ付けして格子状に組んだ物を使用しました。フィギュアのみに限らず、ジャンルや素材を選ばず製作代行を承ってきた弊社だからこそ対応出来た案件ですね。

塗装はお客様からお預かりした資料を参考に調色し、塗り分けて行きます。 髪や細かな装飾品等は部品別になっていて塗装で苦戦する事はありませんでしたが、問題は殆どワンパーツ構成の胴体です。肌や衣装や艤装等、全ての部品が一つの固まりとして造型されている為、それぞれマスキングをして塗り分けなければなりません。勿論それぞれの色で別のグラデーションをかけますので、他の部品と比べてグラデーションのバランスが悪くなっていないか逐一確認しないと、後でおかしい点が見つかった場合そこだけを直す為にマスキングするというのが非常に大変になります。

今回は完成品の見た目からの印象以上に、非常に手間を要したキットでした。それでもこのようにご紹介出来るクオリティで仕上げられるのは、弊社が培ってきた技術と経験があってからこそなのです。
完成した大和は、可憐さと凛々しさをたたえた美しいフィギュアに仕上がりました!