クリックで画像
が表示されます
   ↓

「ファイブスター物語」より
炎の女帝-エンプレス- 
・千葉県 K.M 様 ご依頼品
・VOLKS  1/100 Scale レジンキャストキット

FSSのキットは今日に至るまでプラモデルとレジンキットを合わせると相当な数が発表されてきましたが、今回ご紹介するキットは比較的初期に発表された傑作ガレージキットです。
星団で最も美しいモーターヘッド(MH)と賞賛されたデザインは曲線美にこだわったMHのデザインの中でもひときわ際立つ存在で、あまりにも高いパワーで起動時に周囲を発火される事から「炎の女帝」と呼ばれています(デザイン自身も作中の伝承にある炎の女帝になぞらえた意匠が盛り込まれています)。
今回はFSSキットでは珍しいハッチを開放した姿を製作しました!

FSS系キットの中でも大分古い方に入るキットですが、状態は良好です。パーティングラインをきちんと追いかければ問題無く処理が出来ます。
このキットで大変なのは組立てで、説明書の指示が曖昧且つ発表から時間が経過している為か完成画像がなかなか出回っておらず、細かな部品の位置関係をつかむのにひと苦労です。膝立ちというポージングも相まって、部品単位で合わせるとぴたりと合っても全体を組み上げると歪みがあらわになってしまう事もあります。仮組みをきっちり行い、部位や角度が曖昧なまま組立てる事がないように気をつけましょう。

塗装の行程は、如何に白赤を美しく仕上げるかが鍵となります。白はパールコート仕上げで赤はメタリックでの仕上げですが、どちらの色もムラが出やすいためきちんと発色しているか都度確認しないとあとで部品ごとに濃さが違う・・・なんて事が起こってしまいかねません。他の部位も何らかしらメタリック系が入る色ばかりですので、発色と乾燥の具合に特に注意して塗装しましょう。
FSS系のガレージキットでは多い傾向にあるのですが、モールドが全体的に浅いため塗装をかけているうちに埋まってしまう事が起こりやすいです。なるべく薄い塗膜で仕上げるのはもちろんですが、下地処理の段階で危ないと思った部位はスジ彫りをして深くしてあげるとあとで楽になります。

最後の組立ては、前途の調整をきちんと行っていれば問題無く組立てられると思います。幸い極端に重量がかかるパーツがないので、他のキットと比べると重心や強度に悩まされる事はありません。
完成したモデルは、全身メタリックやパールで元デザインの美しい曲面を存分が生かされた仕上がりになりました!