広島県 A.H様 ご依頼品
R.C.BERG & studio RECKLESS  1/144 Scale
RGZ-91B リガズィ カスタム

クリックで画像
が表示されます
   ↓


バンダイのB−CLUBをメーカー系ワークスモデルとするならば、セミプロダクションモデルともいえる精度のガレージキットを製作しているのが「R.C.BERG & studio RECKLESS」のタッグチームです。

このスケールのガレージキットでもここまで細かく作り込まれているのはさすがですし、原型を忠実に再現しているであろう複製パーツ製作はまさに十八番でしょう。

だからこそ、生半可に製作をしようものなら、おそらくは仕上げの段階でどこかが破綻してしまいそうな気がします。
その為、製作を任された側としても、心して取り組む覚悟が必要ですね。

下処理的には問題ありませんが、敢えて面倒な部分としては、指が一本いっぽん別パーツになっている辺りでしょうか。
親指はもちろんのこと、その他の指も握らせ方によってパーツをチョイスするタイプで、しかも左右もあるのですから、組み立てる際に1本でも間違うと、掌自体が面白い事になってしまいます。しかもこのスケールですから、見分けるのも大変?!

塗装面では、ガンダムホワイトとは違う、ボディカラー(メインカラー)の調色と、意外に細かい部分で塗り分けです。
バーニアやアポジモーターのノズルは高機動タイプのモビルスーツなるほど数も多いですし、墨入れする部分もこのスケールとしては、意外と多いですね。

このキットは可動(変形も)しませんが、機体の設定としては、BWS(バック・ウェポン・システム)部分が通常のリガズィと違い、切り離しではなく、機体背面へ折り畳まれることになっているので、その部分の作り込みが出来ている分、パーツボリュームもあります。

組み上げる際にも、このBWSの重さもあって、後ろに仰け反りやすいので、接合接着をする時にしっかりと指で押さえながら完成スタイルを損ねないように注意する必要があります。
もちろん、ベース(台座)に立たせる時も、真鍮線でガッチリ固定することが前提なので、軸を打ち込む部分にも注意します。


さあ、完成です!
ガンダムワールドがお好きな方には云うまでもなく、アムロ専用機ということでアムロの「A」をモチーフとしたユニコーンマークがその存在感が際立たせてくれます。

これにサイコフレームを搭載していれば、νガンダムじゃなくてもシャアに勝てたかも?!
(いや、やっぱりサザビーのファンネルには負けるかな?)


スケールモデルやフィギュアだけじゃありません!
ガンダムメカだって、プラモもガレキも「NAGAEアートプロダクション」なら、お望みの仕上げで製作致します♪  お任せ下さい!