ホーム → ギャラリー「メカ」 → スコープドッグターボカスタム
クリックで画像
が表示されます
   ↓

「装甲騎兵ボトムズ ザ・ラストレッドショルダー」より
スコープドッグターボカスタム  
・神奈川県 K.N 様 ご依頼品
・バンダイ  1/20 Scale プラスチックモデルキット

リアルロボットの境地として今なお人気が強い【装甲騎兵ボトムズ】。TV版放送後、前半のウド編とクメン編の間に位置する物語「ザ・ラストレッドショルダー」がOVAで発表されました。TV版で断片的に触れられた特殊部隊レッドショルダーの元隊員達が復讐を果たす物語で、 主人公のキリコもその中の一人として加わります。
復讐の為にスクラップを集めて、かつてレッドショルダーで使用していた装備を再現した機体が、このターボカスタムです。全身に搭載した重火器の数々と、高速移動が可能なターボダッシュ機構(脹脛から伸びるバーニア)が特徴で、キリコ達4人はこの機体で殴り込みます。
作品タイトルが「ザ・ラストレッドショルダー」なのに肩が赤くない? と疑問を抱くと、「貴様、塗りたいのか!」と怒られてしまいますよ!
今回はバンダイ製のキットでターボカスタムを製作します!

スコープドッグ自体は過去に一般発売されたキットですが、ターボカスタム再現用のパーツは2016年にプレミアムバンダイにて受注生産された際に新規に起こされました。最新のキットなのでとても作りやすい・・・と思いきや、実は古い型である本体よりも新規パーツの方が処理が大変です。武器全般(ギャラリーではキリコ機を再現しておりますが、他の仕様も再現可能なよう全ての武装が用意されています。)がど真ん中で分割されるいわゆるモナカ割りと呼ばれる昔からの分割で、今時のキットでは珍しいくらい合わせ目の処理が数多くあります。大変ですが、妥協せずに磨きましょう。スモークディスチャージャーは思い切って円筒部分をプラパイプに置き換えて綺麗に仕上げました。
本体に関しましては金型の劣化等はあまり感じられず、どの部品も綺麗に合います。膝から下は新規パーツで構成されていますが、残念ながら降着機構は再現されていないモデルとなります。(実は降着姿勢に近いポーズをとらせる事が出来ます。)

塗装はお客様のご要望に合わせて調色し、各色を塗りわけます。シャドウは重量感を演出する陰影表現に留めており、汚くならないように配慮しています。スコープドッグはウェザリング仕上げが似合う機体でもありますが、この機体は設定上レストアしたて姿で戦いに挑むので、色剥げやダメージ表現がない方がそれらしいですね。
銃口やバーニア等は薄く焼けた表現を施して、実機感を演出しました。

完成したターボカスタムは、並のスコープドッグタイプでは歯が立たない、「これほどチューンされたマシンは奴らも持ってはいまい」と劇中で言われた通りのカッコイイ仕上がりになりました!