クリックで画像
が表示されます
   ↓

「ファイブスター物語」より
AUGE ARSCULS -オージェ・アルスキュルス- 
・兵庫県 S.N 様 ご依頼品
・VOLKS  1/100 Scale レジンキャストキット



オージェといえば、重戦機エルガイムに登場する黄金のヘビーメタルが有名ですが、今ではそれと同じくらいファイブスター物語に登場するAUGEも知名度が上がりました。
AUGEは初期に登場したモーターヘッドと、後に登場したマシンメサイヤで同じ名称ながらも素性もデザインも全く異なるAUGEがおり、今回はMHのAUGEを製作しました。
早速作っていきましょう!

VOLKS製のFSSキットは部品点数に圧倒されがちですが、気泡も歪みも少ないので腰を据えてかかれば綺麗に仕上げられます。
仮組時に最も注意すべき点は、オージェシリーズ共通の個性である両肩のバインダーを、いかにしてきっちり支えるかという点です。幸いキットそのままでも合いが非常に良くダボもしっかりしているので、軸を何本も入れて強化しましょう。

MHを製作するにあたり最も慎重になるのが、ボディの塗装です。巨大感を出す為にエッジにシャドウをうっすら吹くとカッコいいのですが、同時にパールをコートして輝きを出さないと完成写真通りにならない為、明るさと暗さのバランス取りがとても重要です。また関節にあたる第二装甲にもメタリック感を出す為、シルバーを適量混ぜ込んでぎらつかない程度にアクセントが出るようにしました。
また、最も目立つバインダーはお客様ご指定でウレタンコートを施しました。ボディ本体との光沢感の違いが、よりAUGEらしい気品溢れる雰囲気が生まれます。

最後の組立て時に、右手首の軸を長め且つ渋めに調整して、実剣と光剣を差し替えられるようにしました。ランダムストレートも開閉選択式ですので、お好みで選べるのがいいですね。

完成したAUGE ARSCULSは、MHそのものの美しさを体現したかの様な、優雅な仕上がりになりました。
全身をギラギラに光らせるのもまた一つの表現ですが、このAUGEのように部位ごとで光沢や粒子感に差を付ける事で、気品溢れる存在感を発揮してくれます。