ホーム → ギャラリー「メカ」 → 破烈の人形 The Bang
クリックで画像
が表示されます
   ↓

「ファイブスター物語」より
破烈の人形 The Bang
・福島県 A.M 様 ご依頼品
・VOLKS  1/144 Scale レジンキャストキット

ファイブスター物語に登場するモーターヘッド(MH)のご依頼はNAGAEアートプロダクションの初期から絶えずご依頼を頂いておりますが、中でも群を抜いてご依頼数が多いのがこのバンドールです。弊社ギャラリーにて掲載している仕様の再現を筆頭に、お客様のお好みに合わせて数えきれない程製作させて頂きました!
今回はVOLKS製の1/144レジンキットを製作しました。人気が高いMHですのでキットも多数出ており、本キットは比較的初期に発表されたものです。
早速作っていきましょう!

前途の通りだいぶ年季が入ったキットです。初期の画稿にあったひさし上のツノが部品として付いておりますが、今回はお客様が最近のデザインに寄った仕上がりをご希望でしたので、取付けずに仕上げます。初期設定では短かった頭頂部のツノもカットせずキットそのままの長さです。
気泡は少ない方ですが、大きな湯口が部品についていたりシャープな先端部が欠けない様に補助でレジンの塊が付いていたりする為、余分な部分はカットして場合によっては造形を継ぎ足して設定とデザインが変わらない様に調整します。1/144故に部品の一つ一つが小さいのも処理を難しくする原因の一つで、力加減を間違えると簡単に部品が割れてしまいます。また全体的にスジ彫りが薄く、一通り彫り直さないと後の墨入れ作業が困難になるため、全体のモールドを見直しました。見た目とは裏腹に、全身に手が入っています!
各パイプはキットではレジン製のまっすぐな部品が付いており温めて形状を調整して取付ける様指示がされていますが、お客様のご要望により金属製のスプリングに置き換えて精密感を演出しています。しかしただ穴を開けてスプリングを通すだけですと、弾力で思い通りの曲線やたるみがでない為、中に曲げた金属線を通して芯にしています。

塗装はバンドールではお馴染みの紫がかったグレーですが、普段使用しているグレーよりも少し濃いめにしています。お客様からのご要望に合わせる為ですが、ここで気をつけたい所はスミを入れた後のバランスです。基本色を濃く振りすぎるとスミ入れをした際にイメージした濃さよりも沈んで見えてしまう場合があり、特に1/144以下の小スケールとなるとスミ入れの効果がより強く出やすい為、さじ加減が難しい所です。もちろんスミ入れ用に調色するグレーも、スケールや深さに合わせて濃淡を調整します。
このキットにはデカールが付属していますが1/100と兼用になっている為、サイズにあったデカールのみを選別します。デカールを貼り込んだ後は、MHの魅力をより引き立てるウレタンコートを施します! 全身に強い光沢感をもたらして重量感を演出するだけでなく、研ぎ出しでデカールの段差を取り除く効果も期待できます。

完成したバンドールは、ウレタンコートにより高級感に溢れるスタイリッシュな作品に仕上がりました!