クリックで画像
が表示されます
   ↓

「ファイブスター物語」より
バッシュ・ザ・ブラックナイト-魔導大戦- 
・福島県 A.M 様 ご依頼品
・WAVE  1/144 Scale プラスチックモデルキット


ファイブスターのMHの中でも、特に人気のある機体はLEDミラージュやバンドール等ありますが、このバッシュも相当な支持を集めています。
最近ではファイブスター物語連載再開に合わせて、デザインと名称(ダッカズ・ザ・ブラックナイト)が一新された事で、また人気が再沸騰した事が記憶に新しいですね。
今回はバッシュのキットでは最新に当たる、WAVEの1/144ガレージキットを製作しました!

今回のキットは今までのFSS系ガレージキットとは違い、3D出力品が原型になっている様で、成型前でもエッジやシンメトリーがしっかり出ていて、その点は処理がしやすくなっています。しかし3D出力の都合上、積層の段差がパーツ全体に走ってしまうので、複製前に積層を磨いたであろう傷跡がパーツ全体に散見しており、また入り組んだ部分の面は積層が残っている箇所があります。光沢仕上げで製作する場合、これらの点が目立つ可能性があるので、綺麗に表面を磨きましょう。
今回のキットは単色と多色二種類のレジンキットがあり、お預かりしたのは多色版のカラーレジンキットでした。ほぼ黒で構成されているとはいえ、バーツ点数がかなり細かく分かれていますので、くれぐれも無くさないように要注意!

塗装はWAVE完成見本を参考に、黒の部分はつや消しに、赤の部分は光沢で仕上げました。
MHの作例は光沢やメタリックでの仕上げをする作例をよく見ますが、このバッシュの様につや消しで仕上げてもカッコ良く上品な仕上がりになります。
スミ入れは一部分モールドのみ掘り直しを要しましたが、ガレージキットとしてはほぼ手をかけずに綺麗にスミが流れるようになっていました。ガレージキットはスジの掘り直しが必須工作になる事が多いので、これはありがたいですね。

最後に部品を組み立てて完成! 説明書がとても親切で、部品単位の歪みも最小に抑えられていますので、組み立てるとベース無しでも自立するほどバランスがよい完成品に仕上がりました。
深い紺の様な黒と、妖艶なメタリックレッドのコントラストが映える、美しいMHが完成しました!
前途のように、最新デザインが話題になっているバッシュですが、このデザインのバッシュも末永く愛されキットがリリースされ続けて欲しいですね。