クリックで画像
が表示されます
   ↓

「ファイブスター物語」より
ポコちゃん1号(カルバリーR)
静岡県 T.K 様 ご依頼品
WAVE  1/144 Scale レジンキット

今回ご紹介致しますのはファイブスター物語に登場するモーターヘッドのルミナス・ミラージュこと、正式名称「ポコちゃん1号」のご紹介です。(キット名はカルバリー・Rです。)
赤いフレーム色に全身ピンクの装甲、更に花柄のマーキングと、作品に登場する他のモーターヘッドとは一線を画した可愛らしいデザインが特徴ですね。

こちらのキットは1/144スケールということで全高が20cmありません。また、全身がかなり細身のデザインのためかなり小振りのキットに見えます。
その分シールドや肩に担いだバスターランチャーの存在感がすごいですね。
キットはレジン製ですがちゃんとしたメーカー品らしく細部まで細かく造形されております。もちろん状態も綺麗です。

製作に入っていきます。
洗浄、表面処理と特に問題無く進んでいきます。が、このWAVEさんの1/144のキットですが普通に製作するとこのポーズに完成する様になるのですが、肩や股関節といったメインの関節部分がフレキシブルになっており「ここ!」と、ピッタっと止まる事がありません。
特に本作は足を揃えていたり、バスターランチャーを担いでいたりするので、最後組立てた時にズレが命取りになりますので最初の軸打ち、仮組みが非常に重要になって来ます。

塗装ですが、関節色をメタリックレッド、メインのピンクと白の部分をパールコートで仕上げています。
ピンクの部分はパールをコートする事で一段淡くなってしまうので、完成イメージより少しだけ濃いめに調色しています。
またパール感を存分に出したかったので、ラッカーではありますが光沢クリアーでツヤツヤに仕上げています。
このサイズの作品だと全身にスミ入れを入れてしまうとクドくなってしまうので、要所要所必要最低限の部分のみ薄い色で入れています。

如何でしょうか。
写真で見るとぱっと見、1/144という小さい作品には見えないのではないでしょうか。
一辺倒な製作法ではなく、キットやスケールに合った製作を心がける事で完成時の見映えはグッと変わって来ますね。