クリックで画像
が表示されます

零式52型 空間艦上戦闘機
コスモゼロ ブラックタイガーカラーver
・埼玉県 N.T 様 ご依頼品
・バンダイ  1/72 Scale プラモデル

今回は【宇宙戦艦ヤマト2199】より、ヤマトの主力艦載機コスモゼロを作りました! ・・・と、画像を見て「あれ?」と思った方が多数いらっしゃると思います。
実はこの黒いカラーリングは、2199には登場していない、無印ヤマトに登場した艦載機ブラックタイガーのカラーリングを模しています。(2199においてブラックタイガーにあたる役割はコスモファルコンが担っています)
一見模型遊び的な作例に見えてしまいますが、実はこのカラーリングのコスモゼロは無印ヤマトにワンカットだけ登場しました。作画ミスによる塗り間違いという説が有力なのですが、後にゲーム作品でこのカラーのコスモゼロが登場したことがあり、単なる塗り間違いの域を超えた魅力を有する存在なのです。
そんなブラックタイガーカラーのコスモゼロを、2199版キットで再現したのが、今回の作例となります!

キット自体は無改造で、製作のポイントは以前ご紹介したコスモゼロと同様です。(コスモゼロa1コスモゼロa2
胴体のほとんどは塗装の前に接着する事をお勧めします。特に翼の黄色部分は塗り分けのみを考えるとバラの方が楽ですが、後の接着の事を考えると、先にくっつけてから塗装した方が綺麗に仕上がりやすくなります。

今回の肝は塗装からです! カラー配置はお客様ご指定で塗りわけました。
胴体のブラックは少しメタリックを混ぜて、ツヤを落とし目にして重厚な鉄の雰囲気を出しました。目に映えるイエローも、汚くならない範囲でグラデーションを施して、まわりと調子を合わせています。
そして今回のこだわりポイントは、各バーニアノズルや発射口に焼け表現を施し、使い込んだ雰囲気を出しています。焼表現はクリアカラーでやり過ぎにならないよう注意しながら色味を変えていき、自然に見えるように調整しました。
デカールは黒地に見える範囲の物をチョイス。アクセントが入り、よりメリハリの有るボディになりました。

完成したコスモゼロは、通常のカラーリングとは全く異なる、シックながらも攻撃的な雰囲気を宿しました! 2199版という事で細部は無印と比べてかなり異なりますが、 こちらのデザインでもよく似合っていると思います。