クリックで画像
が表示されます
   ↓

「宇宙戦艦ヤマト」より
ガミラスクルーザー艦 
・東京都 Y.N 様 ご依頼品
・よいこQ  1/700 Scale レジンキャストキット

宇宙戦艦ヤマトに登場する数多くの艦艇の中でも、この艦を見て「これは!」と思う方は少ないかもしれません。ヤマトでいうところのやられ役は駆逐艦のデストロイヤー艦あたりがポピュラーで、その中に混じっていたのがこのクルーザー艦なのですが、活躍する場面が少ないのであまり印象に残らない艦です。
ヤマト2199ではケルカピア級航宙高速巡洋艦として登場し、アレンジが強く入る傾向にあるガミラス艦の中でも比較的原形を留めた姿でファンの前に再度姿を現しました。
今回はこの艦艇を、ガレージキットで製作します!

キットは左右でぶった切られていて、貼り合わせてから艦橋等のパーツを取付けていきます。継ぎ目の処理こそ手がかかるものの、パーツ数が少ない上にほぼ全ての部品が塗装の支障にならないので、大胆にくっつけてサクサク作れます。
塗装は艦首の黄色部分から塗っていきます。白を吹いてから黄色を乗せて、グラデーションを入れる所まではマスキングをせずに進められます。ボディの緑を塗る際に、黄色のスリットが覆えるようにマスキングを施せば、簡単かつ綺麗に塗り分けられます。
掌に収まるキットだからこそ、質感を出してあげる事でぐっと見映えが良くなります! グラデーションを気持ち濃いめに入れて、存在感を際ただせてあげるとカッコ良くなります。
前途の通り、塗装前の段階でほぼパーツを付けられるので、塗装後の組立てがほとんどいらないのもポイントです。

完成したクルーザー艦は、サイズのおかげかどこか可愛らしさもあるカッコいい作品に仕上がりました。こうした艦艇は数を揃えると、一気に臨場感が増しますね! ヤマト系の艦艇の中では塗り分けが難しくないデザインですので、複数作って揃えるのも良さそうです。