山梨県 K・T様 ご依頼品
バンダイ NON Scale
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」
エヴァンゲリオン初号機
クリックで画像
が表示されます
   ↓


TV版の放映から15年が経った今でも、現在進行形(いや、進化系?)で人気を博しているアニメーション「エヴァンゲリオン」(新劇場板では「ヱヴァンゲリヲン」)。
以前の劇場板では結局のところよく解らない点を残しながらも、とりあえず完結した感じがありましたが、今度の新劇場板では庵野総監督のプライベート作品(驚くことにインディーズなのである。その為、制作はガイナックスではなく、庵野氏が代表を務める製作会社カラーである)として展開をしているおかげで、TV放映前の企画や設定がストレートに反映されていることが多い作品となっています。

「新劇場板」で装いも新た(微妙)に登場した『初号機』です。
『序』『破』ともに活躍したので、気がついている方も多いと思いますが、改めて見てみると細かく所々が変わっています。(形状は殆ど変わりませんでしたが・・・)

TV版と新劇場板では塗り分けが違う箇所があり、パッと見て見分けるのに、一番分かり易い場所は下腹部に緑の塗り分けが出来たところでしょう。

細かい所では「プログッレッシブナイフ」がフォールディングタイプになっていたり、腕のラインに1本のストライプが入っていたり、映像上では緑色の部分が蛍光色のように発光したり、と色々な細工が施されています。


今回の製作に際して、お客様からの希望は脚関節の排除=固定化でした。
確かにポーズによっては、シックリした感じにならないのが、人型ロボットの残念な部分ではありますが、関節を潰してパテ等で綺麗に成形してあげると特に立ち姿では違和感も消え去り、本来の雰囲気が醸し出されます。

そういえば、この「EVA−01」、以前GINAX版キットでは『PROTO TYPE』となっていましたが、今回のカラー版(新劇場板)キットでは『TEST TYPE』の呼称になっていました。この辺りも設定を忠実に再現していますね。


インジェクションキット(プラモデル)にしては、造形や合いも良くて、自分的にも『かなり、イケてるんじゃね〜♪』と思えるくらいの完成度の筈ですが、ご覧の皆様のご感想は如何なものでしょうか?

折角なので、同シリーズ弐号機のキットも作ってみたいですねぇ♪
皆様からのご依頼を切にお待ち致しております!!