山梨県 S.H 様 ご依頼品
METAL BOX  Non Scale

「新世紀エヴァンゲリオン」より
エヴァンゲリオン初号機〜ira〜

クリックで画像
が表示されます
   ↓



エヴァンゲリオンはロボットものにカテゴリーされながらも、独特の生々しさがウリでもある特異なキャラクターです。
特にエヴァ初号機が敵である使徒を食べるシーンや、血まみれになりながら雄叫びを上げるシーンに衝撃を受けた方は多いのではないでしょうか。
今回ご依頼頂いたエヴァ初号機は、そんなエヴァの生々しさが前面に押し出された、鬼気迫る迫力のキットです!

それでは製作解説に入ります!

キットはガレージキットメーカーとして有名なMETAL BOX製で、キット状態は極めて良好です。
全体が有機的な造形ですので、一直線に走るパーティングラインはとても目立ってしまいます。隅々まで処理をしましょう。
エヴァ本体は、ロンギヌスの槍を持ちつつ前のめり気味の体勢ですので、バランスに気をつけながら仮組時の擦り合わせをしっかり行います。
ベース代わりになっている足下の使徒(シャムシエル)との位置関係も、この時に把握します。

次は塗装です! ・・・と、ここでお客様からのご要望を頂きました。
実はこのキットの完成見本は、先に公開された新劇場版-序-に合わせた配色となっています(キット自体も新劇場版名義です)。
しかしTV版からのファンであるお客様から、TV版のイメージで仕上げて欲しいと要望を頂き、この配色に落ち着きました。
塗装のポイントは、とにかく生々しさが出るよう意識することですね。
筋肉や血管の雰囲気が出る様に表現していきます・・・メカというよりは、クリーチャーを塗るつもりで塗装しました。

塗装が終わったら最後の組み付け! ここでもうひと手間。
通常フィギュアの接着に用いるエポキシ樹脂接着剤に、赤のエナメル塗料を混ぜ込み、ベースに垂らしていきます。
やりすぎない程度に接着剤を散らしていくと、見事な血だまり表現に! グロテスクさ倍増ですね。

如何でしょうか。世に二つとない迫力溢れる仕上がりになったと思います。
NAGAEアートプロダクションは、お客様のこだわりを最大限作品に反映させます! ご依頼お待ちしております!