クリックで画像
が表示されます
   ↓

「SDガンダム戦記 G-ARMS」より
ジェネラルガンダム 
・愛知県 J.T 様 ご依頼品
・バンダイ  Non Scale プラスチックモデル


数多くあるSDガンダムシリーズの中でも、現在入手が難しいものが多いG-ARMSシリーズ。武者や騎士ガンダムと並び、G-ARMSは他2シリーズと比べると比較的現行の兵器に近い出で立ちになった、武器てんこもりのガンダムたちが戦う、人気シリーズでした。
主役のコマンドガンダムは、最近キットがリメイクされたり、アニメ「ガンダムビルドファイターズ」に出演したりと、今でも人気を集めています。
今回製作したキットは、Vコマンドガンダムたちの総司令官であり、拠点にもなる超巨大SDガンダム、ジェネラルガンダムです!

このキットは現行でも展開されているBB戦士シリーズではなく、サウンドやモーターギミックが盛り込まれた元祖SDガンダムシリーズで展開されました。ギミックなどの特殊な部品を採用している都合上、再販がほとんどかからないシリーズとしても知られており、特にこのジェネラルガンダムは現在入手困難になっています。
今回はお客様から大切なコレクションを預かり、全面的に塗装を施す運びとなりました。
とても大きなキット(縦横およそ40センチ!)で、物自体はだいぶ古いものになりますので、大きなヒケやパーツのずれが多く、合わせ目処理と一緒に気になる点を矯正していきます。
また、パーツ構成は標準的なSDガンダムと比べると細かく分けられていますが、一部には大きな肉抜き穴があいていますので、パテで裏打ちするとよりリアルになります。

派手な配色なので、塗装は塗り分けがとても多いです! 各部のフチにグラデーションを入れて、重量感のある雰囲気を出しています。
メッキパーツは一度漂白剤で色を落として、黄色味の強いゴールドで塗装する事で、落ち着きのある高級感溢れる色になりました。
そして今回、後述の加工のため瞳も塗装で表現しています。クリアパーツの裏側から塗り分けるのですが、表に塗る場合と違い細かな部分から順番に塗りたい範囲のみをきっちり塗装していきます。

最後に組み立てて完成! ・・・の前に、もうひと工程。お客様のご要望で、目を光らせる為に電飾を組み込みました! 瞳を塗装したのは、電飾で透けないようにする為でした。
組み立てて電飾を点けると・・・重厚なジェネラルガンダムが完成! 瞳が輝く事で、より雰囲気が増しました。
大きさも相まって、存在感抜群のSDガンダムですね。普段作っているメカ系キットとは雰囲気が異なり、作っていてとても楽しい内容でした!