クリックで画像
が表示されます
   ↓

「スーパーロボット大戦OG 告死鳥戦記」より
ゲシュテルベン改
・埼玉県 Y.Y 様 ご依頼品
・コトブキヤ  1/144 Scale プラスチックモデルキット


スーパーロボット大戦シリーズの魅力は、往年の人気ロボットが一同に集結するのももちろんありますが、シリーズを重ねた今は各作品に登場したオリジナルロボットにも人気が集まり、オリジナルマシンで構成されたOG(オリジナルジェネレーション)シリーズも話題を集めています。
このゲシュテルベン改は、電撃ホビーマガジンで連載中のスピンオフ小説【告死鳥戦記】にて登場するマシンで、何機か存在するゲシュテルベン改のうちの、リェータが搭乗する2号機として立体化されました。
デザイン及び造形にはプロモデラーのNAOKI氏が携わっており、立体映えするデザインに落とし込まれています。
早速作っていきましょう!

当キットはもともとはゲシュテルベン改セレーナ機として発売されたプラモデルに、リェータ機になるようにレジン製のパーツが追加された構成になっています。精度は良いですが、レジンである事を忘れないように作業しましょう。
上記の事情で余りパーツが発生していますが、実はセレーナ機として発売された際も、先にキット化されたゲシュペンストの金型を流用している為、セレーナ機にも使わないパーツが混じっており、更に色分け再現の為に同じランナーが2枚入っている事もあるので、膨大な量のパーツが余ります。必要なパーツと混合しない様、最初に選り分けておくと楽です。
色分け=パーツ分けと言っても過言でない構成になっているので、塗装時の部品管理は楽ですが、肩のシルバーパーツははまりが甘く後々接着が必須となりますので、あえて先に接着してからマスキングで塗りわけてもいいですね。
また今回はお客様のご要望で、バーニアを市販の金属製パーツに交換しています。

今回の塗装はご要望に合わせて、完成見本を参考にした白色を調色し、塗装後にクレオスのパール顔料ダイアモンドシルバーをコートする事で、きらびやかな仕上がりになりました!
白のべた塗りでは質感が出ないので、コート前にシャドウを入れて立体感を強調しています。

最後の組立てでは、パッケージのポーズで固定してベースに固定しました。もちろん可動も申し分ありませんが、ポージングが決まるメカものだからこそ、一番お気に入りのアングルで固定するとより一層映えますね。
右手に持つバークラーガンは見た目の割に重量がかかっていないので、片腕でも難なく保持可能です。もし心配であれば、軸の一部分に瞬間接着剤を点付けして、可動部分を渋く調整しましょう。

完成したゲシュテルベン改は、まるで本物がそこにいるかの様な臨場感をまとった仕上がりになりました!
小説媒体で展開された機体のため動く絵が描写されていないので、読者それぞれが持つマシンのイメージがあると思いますが、今回はキラリと輝くボディにフィニッシュしました。