静岡県 T.S 様 ご依頼品
B-CLUB(バンダイ) 1/3500 Scale
「機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー」より
グワンザン

クリックで画像
が表示されます
   ↓


ガンガム0083に登場する、アクシズ先遣艦隊の旗艦「グワンザン」です・・・・・が!
最初にお詫びを致します。

完成品撮影の際に、何を勘違いしたのか「台座に上手く置けないなぁ・・・」などとやっているうちに、「お、上昇角がついてカッコイイじゃん、これで良し♪」と考えてしまいました。
しかし、後に気がつきましたが、台座後部の低い棚の上に推進装置の辺りを置けば、水平になるのでした。(その代わり、艦体下部の手前に台座前部の棚がきてしまうので、見た目的に違和感は感じるかもしれませんが・・・)

その為、今回の画像(特に側面)では、おかしな構図に見えてしまいますが、本体の製作上では何も問題ございませんので、予めご承知とご容赦下さいますよう、お詫び申し上げます。


それはさておき、旗艦クラスのグワンザンとはいっても、1/3500ともなれば手の平サイズなので、なんとなく可愛いような気もしますが、そこはさすがに戦艦だけあって、各部の尖っている辺りが、よりシャープなシルエットになている為、小さくてもカッコイイ!!

しかし、BーCLUB(バンダイ)のキットとはいえ、レジンキャスト製ですから、尖端が折れている所の造形を直したり、湯口跡(プラモデルでいえば、ゲージ跡のようなもの)の処理でも面や角度を気にしたりと、やっぱり手間は掛かります。

もちろん、モールドラインも彫り直さなければいけない部分もありますし、歪みの矯正も可能な限りは行ないます。
もちろん、製作技術という意味では、弊社にとっては何でもない事ではありますが、手間=時間と考えれば、面倒な部分もあるという事です。

艦の胴体部分が一体パーツなので、塗り分けるにも細かくマスキングしなければ成らないので、カラーリングもシンプルに見えますが意外と手間が多いです。
まぁ、モノが小さいおかげで色味さえ調色が出来てしまえば、地道にマスキング&エアブラシ塗装を繰り返すだけですけどね。


そんなこんなで、完成!!
う〜ん、やっぱり格好良いじゃん!(撮影は失敗したけど・・・)

これだけ小さい割にキチンとしたディテールを表現しようとすれば、メーカーでもプラモデルの方がコストが掛かってしまう(=売値も上げざるを得ない、つまり売れない)ので、こういったガレージキットならではのクオリティは、やはり綺麗に仕上げれば、見映えとしてもひと味違って見えますよね♪


プラモデルでもガレージキットでも、全てのガンダム(どのシリーズでも)に関する製作のことなら、「NAGAEアートプロダクション」にお任せ下さい!