愛知県 A.O 様 ご依頼品
コトブキヤ 1/72 Scale HMM(ハイエンドマスターモデル)
ZOIDS IRON KONG
クリックで画像
が表示されます
   ↓

遂に真打ち登場! ゴリラです!! って、おぃおぃ・・・
エンパイアステートビルから落下して死んだキングコングをサイボーグ化して・・・(ウソです)
ゾイドの『アイアンコング』でしょ!

物語としてのZOIDSの中では『最高傑作』と評価される程の大型重装甲ゾイドです。
今回製作したのはHMM(ハイエンドマスターモデル)シリーズのアイアンコングで、初期のモデルに比べると、武装追加やディテールアップはもちろん、可動範囲も大きくなって多彩なポーズが可能なキットです。
箱を開けて先ず驚くのは、パーツ点数の多さと、一部のパーツの大きさです。
同時に製作を進めた『ジェノブレイカー』とも大きさの点では引けを取らないので、きっちり仕上げれば迫力あるモデルになりますね〜。

今回のご依頼は、基本的に成型色を活かしつつ、所々に塗装を施してメリハリある質感に仕上げるという内容です。成型色を活かす方が完成時の合わせ目を目立たなくするという意味では難しいんですよ。
その為、パーツ同士の合いに関してはかなりの精度と処理が要求されます。 少しでも段差を無くし、少しでも隙間を無くし、まさに一体化を目指します。

しかし、このキットはゾイドコアはもちろん、内部フレームに至るまで再現されているとあって、とにかくパーツ数の多い事多い事・・・(涙)
パーツのエッジを立て過ぎず、でも、削り過ぎず、といった作業を永遠とこなしていくしかありません。
ひと通りのパーツが仕上がったところで、部分塗装が必要なパーツに色を載せて行きます。
完成時の見え方をイメージしながら、丁寧に塗装を施します。
このあと、接合出来るパーツは先に着けてしまい、墨入れを施します。
この辺りは大変ですが、段々メカっぽくなってくるので、作業自体は楽しく進められます。

全てのパーツが準備完了したところで、組み上げて行きます!
隅々まで丁寧に処理したパーツで構成されたフレーム部分が、どんどん隠れていってしまうのは少し残念ですが、見えない所でも手を抜かないからこそ、最後には素晴らしい出来映えになるのです。
ひと通り組み上がったところで、細かい所のタッチアップをして仕上げます。

そして完成!
ガンスナイパーあたりと比べると、3倍近い大きさがある事になります。
画像では対比物が無いので、分かりづらいと思いますが、どれか1体でもゾイドシリーズと製作した事が有る方なら、想像出来るでしょうか?

もちろん、全体的な塗装を施した作品と比べると、パーツ表面や合わせ目などは仕方が無いことですが、それでも、これだけの仕上がりにまでする事が可能なんです。
当然、それには色々な製作技術が必要ですが、それが出来てしまうのが「NAGAEアートプロダクション」なんです。

さぁ、貴方好みのゾイドのイメージをキットと一緒に私達に託して下さい!
どんなご希望でも、必ずお応え致します!