クリックで画像
が表示されます
   ↓

「ファイブスター物語」より
ヤクトミラージュ 
・東京都 Y.H 様 ご依頼品
・海洋堂  1/144 Scale レジンキャストキット


ファイブスター物語の機体たちは、造形美や色などで、どの機体もどこかに見る者を圧巻させる要素を持っています。
しかし、存在そのものに圧巻する機体は、このヤクトミラージュがトップクラスではないでしょうか。
1/144スケールでありながらも、全高40センチ弱のサイズを誇り、人型でありながらも異形ともいえるフォルムは、他の追随を許さない迫力があります。(後に肩にバスター砲を背負った【ツインタワー】と呼ばれるバリエーションが登場し、ますます迫力が増しました。)
今回は最凶のモーターヘッドを製作していきます!

このキットは96年に初めて発売され、以後何度かの再生産がされています。
物としては比較的古い部類に入りますが、基本的なパーツ状態や合いは良い方です。
しかしながら、各部が極端に絞られた造形と、パーツサイズの大きさで、歪みや気泡の混入がそれなりにありますので、1パーツずつよくチェックしましょう。
スタビライザーや手首などにホワイトメタルパーツが使われていますが、細いせいでとにかく折れやすい為、下手に曲げたりしない様慎重に扱う必要があります。もし折れてしまったら、0,5ミリの真鍮線で繋ぎ直しましょう。
部品数も100点を優に超える大掛かりなキットですが、必ず塗装前に自立可能かどうか仮組みを行いましょう。

下地処理・仮組みが終わったら、いよいよ塗装です! 塗り分け自体は他のモーターヘッドと極端に差はありませんが、キットの構成上第一装甲と第二装甲がひとつのパーツで造形されている箇所が大半ですので、ほぼ全ての部品がマスキングを要します。
色味は設定画のカラーリングを参考に、緑の深みが出るように調色しています。

組み立ては、バランスとの勝負です。両肩に重量が大きく掛かりますので、可能な限り深く軸を打ち込み、エポキシ接着剤が完全に硬化するまでしっかり押さえましょう。
奥に入り込む細かなパーツが大量にあるため、組み立て順序をきちんと考えないと、後で部品が入らない! という事態が起こるので要注意!

最後まで気が抜けない組み立てが終えると・・・最凶のモーターヘッドが遂に完成! もはや言葉にしがたい存在感が、目の前で拝めます。
ファイブスター系のガレージキットの中でも、屈指の難易度を誇るキットでしたが、無事にお客様の手に渡りました。
NAGAEアートプロダクションはキットを完成品に仕上げるだけでなく、「繊細な完成品を如何に安全にお客様に届けるか」を常に追求し、お送りしております。
どんなキットでも完全な状態でお送り致しますので、安心してご相談下さい。