千葉県 K.M 様 ご依頼品
WAVE  1/100 Scale

「ファイブスター物語」より
L.E.D.ミラージュ

クリックで画像
が表示されます
   ↓



ファイブスター物語ではナイトオブゴールドと並んで、知名度・人気共にあるMH(モーターヘッド)と言えば、このL.E.D.ミラージュですね!
L.E.D.ミラージュはデザインが何度かアップデートされており、比較的最近のデザインだと装甲が半透明になっていますが、今回のキットは初期にデザインされた純白のミラージュマシンです。
デザインされた時期に関わらず、その優美なデザインはFSSファンもメカモデラーも魅了されます。
そんなL.E.D.ミラージュを、早速製作していきましょう!

今回のキットはプラモデルですので、下地処理はガレージキットよりラク・・・とは限りません。
可動キット故の合わせ目の多さもさることながら、古いキットですのでパーツの合いや関節のテンション等、調整すべき点がたくさんあります。
ガイドピンが無いパーツが大半ですので、パーツ同士の接着の際は、ずれない様慎重に行います。
またこのキットはポリパーツを多用しますが、部位によってはポリキャップがはめ込むパーツからはみ出たりもしますので、キレイにカットしながらひとつひとつ擦り合わせていきましょう。
それとこのキットにはホワイトメタルパーツも各部分に使用されていますので、他のプラパーツ以上に擦り合わせをしっかり行います。
特に顔のメタルパーツと兜のプラパーツとは、接着のガイドが一切無いので、予め金属線で軸打ちをして位置を決めましょう。

表面処理や仮組みが終わりましたら、いよいよ塗装です!
ほとんど白と赤の機体・・・と思いきや、意外とあちこちにシルバーやグレーの塗り分けがあるので、塗装漏れがないように各部分を確認しながら塗っていきます。
取扱説明書にカラー指定が記載されていますが、今回はお客様のご要望によりパッケージ側面の完成見本写真の色味に合わせています。(細かな色味や、塗り分けが若干異なります。)
白部分はホワイトで塗装した後に、クレオスのパール塗料ダイアモンドシルバーをクリアーに混ぜてコートし、ピカピカに仕上げました。
クリアーの光沢感と、ダイアモンドシルバーのパール表現は、白いパーツとの相性バッチリです!
脚部に入っている黒の縁取り、脛部分はモールドがはっきり入っていますが、太ももには何もモールドが入っていません。
説明書には付属のデカールを貼ってラインを表現する様指示が入っていますが、よりはっきりとかつ美しく見せたいので、見本写真とにらめっこしながらマスキングして塗装で表現しました。

最後に組み立て! 今回はお客様のご要望により、素の可動範囲で再現出来るレベルで、パッケージアートのポーズをとらせて固定しました。
如何でしょうか。躍動感溢れる、美しいL.E.D.ミラージュに仕上がったと思います。
NAGAEアートプロダクションはキットの新旧・素材関係なく、美しく仕上げます! ご自宅に眠っているキットがありましたら、是非ともご一報を!