クリックで画像
が表示されます
   ↓

「宇宙戦艦ヤマト」より
ガミラス三段空母 
・東京都 Y.N 様 ご依頼品
・SOY-YA!  1/700 Scale レジンキャストキット

宇宙戦艦ヤマトには様々なタイプの艦船が登場しますが、ドメル艦隊の三段空母はその存在感(色違いの3隻がいっぺんに登場)で印象的に残る艦船です。グリーンのタイプはゲットーが指揮する第一空母です。
最新作の2199ではガイペロン級多層式航宙母艦と改称され、色ごとに形状も差が付けられました。
今回は初代デザインの三段空母を製作していきます!

ヤマトのキットはプラモデルが主流ですが、今回の三段空母はレジン製のガレージキットです。
船体のサイドで甲板を挟む構成になりますが、レジンキャスト故に歪みが生じており、そのままではまっすぐ組み付かない為、まずパーツを暖めて形状を直すところから始まります。
また、空母系のキットにはつきものの艦載機(ホワイトメタル製)が大量に付属しており、塗装はもちろん下地処理にも相応の時間を要しました。

塗装はまず甲板から! まっすぐなラインが命ですので、白を吹いてから曲がらない様慎重にマスキングを施し、緑で全体をペイントします。
その後に船体で甲板を挟み込みますが、この時継ぎ目ができてしまうので、この段階で処理をして、甲板に色が被らない様マスキングをして本体色を塗装します。
塗り分け自体はシンプルですので、ここまで記したポイントを押さえれば、迷う事なく仕上げられると思います。
艦載機は本体色を吹いてから、筆で細かな箇所を彩色します。根気が試されますが、仕上がりの満足感をイメージしてやり抜きましょう!

最後はツヤ調整を施して完成! アニメの雰囲気に合わせ、半光沢で仕上げました。
沢山の艦載機で楽しめる、なんとも飾りごたえがある逸品になりました。
アニメ、実在した物に限らず、空母は甲板や艦載機の表現に手間がかかりますが、NAGAEアートプロダクションにお任せ頂ければ、小さな艦載機も余す事なく、最高の状態で完成品に仕上げます! 是非とも一度ご相談下さいね。