クリックで画像
が表示されます
   ↓

「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」より
MSN-04 サザビー  
・茨城県 M.K 様 ご依頼品
・バンダイ  1/100 Scale プラスチックモデルキット


赤い彗星シャア・アズナブルが宇宙世紀の歴史上最後に名前を刻んだ、UC0093に搭乗した機体がサザビーです。
再び真紅に身を包んだ専用機は、最新鋭のサイコミュ伝達システムを組み入れたサイコフレームを使用しており、よりファンネル等のサイコミュ兵器を自在に操れるようになりました。
アムロが駆るνガンダムと死闘を繰り広げ、地球の存亡をかけた戦いを繰り広げました。
その後のUC0099に姿を現す、フル・フロンタルとシナンジュは、どこかシャアとサザビーに似ていますが、果たして実態は・・・。
ということで今回はver.Ka仕様のサザビーを製作しました!

以前製作したνガンダムと同様、基デザインから大幅なアレンジを加えられた本機。キットのパーツ構成も昔のキットの倍近いパーツ点数になっています。またνガンダムと同様のスライド装甲ギミックやバーニア展開ギミックがてんこもりですので、設計が他のガンプラよりもタイトになっています。少しでもゲート跡が残っていると、部品がはまらないなんて所も沢山ありますので、処理はいつも以上に気を遣いました。
また各部に入るディテールが大変細かいため、サフを何層もかけてしまうとあっという間にモールドが埋まってしまいます。なるべく少ない手数で塗装出来るよう、下地処理は一発で決めたい所です。サフも従来のグレーのものでなく、ピンクに着色されたサフを使い、出来るだけ赤の色がすぐ立ち上がるようにすると薄い塗膜で仕上げることが出来ます。

背面の画像をご覧になって「アレ?」と思った方がいらっしゃると思います。本来バックパックからプロペラントタンクがついているのですが、今回はお客様のご希望で大型のバーニアに置き換えました。ボールジョイントは保持しているので、プロペラントタンクに差し替える事も可能です!

塗装はお客様のご希望で、各色の指示を細かく頂きました。赤色は3色用意しており、それぞれをMr.カラーの微妙に異なる色味の赤からチョイスしています。バーニアはスーパーアイアンで塗装した後にエッジをシャドウ吹きして汚しを加えており、より実物感が出るよう表現しました。

完成したサザビーは、劇中の勇姿が蘇る勇ましい完成品に仕上がりました。
敵側の機体ですが、とても妖艶な魅力がありファンの心をつかんで離さないMSですね。