クリックで画像
が表示されます
   ↓

「宇宙戦艦ヤマト2」より
ガミラス帝国 戦闘空母
埼玉県 H.N 様 ご依頼品
K2M  Non Scale レジンキット

宇宙戦艦ヤマトより戦闘空母のご紹介です。
あれっ?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、そう!以前弊社ギャラリーにアップした商品と全く同じキットです。
前回ご依頼を頂いたお客様からの再度のご依頼作品です。前回紹介しました作品はこちら。三段空母はこちら

製作上の前回との違いは殆どありません。
仕様としては前回同様、特徴的な飛行甲板が戦闘モード時に反転し重武装の艦体に変化した状態を表裏入れ替えで表現出来る様にしてあります。

早速キットを見て行きましょう。
パーツ数は然程多くなく、組立も説明書が無くてもほぼ問題無く組める程にシンプルなパーツ構成です。
複製の状態も良好で、パーティングライン上での型ズレも無く通常通りの処理で問題なく下処理は終わります。
唯一甲板だけが前回同様若干の反りが発生しておりました。
レジンキット製作の基礎通り、お湯またはドライヤーの熱で矯正すれば問題なく有るべき形に戻ります。
また、甲板の差し替えの為に本体との接地面は塗膜の厚み分若干削って取外しし易くなるように調整しておくとよいでしょう。

塗装は前回の完成写真やお客様からご提供いただいた資料に合わせて調色していきます。
先ずは甲板のラインとインテークの赤の下地として白を塗装しておきます。
インテーク部の赤を塗装したら先程の甲板の白ラインとインテーク部の赤をマスキングし、
明る過ぎず暗過ぎず決しておもちゃっぽく見えない色味で調色した緑で塗装していきます。

本体の塗装が完了したらマスキングをはずしてグラデーションをいれて重厚感を表現してあげます。
1/700というスケールを意識しグラデーションのラインは太くならない様注意して入れて行きます。
今回は本体の塗装に使用した緑をベースに影色を調色しました。

グラデーション塗装が完了したら後部のエンジン口を塗装し半光沢で全体のツヤを調整したら塗装は完了です。
塗装の便宜上、砲塔や後部のフィン等一部パーツは別で塗装しましたので塗装完了後に組み付けて完成です。

全てのパーツを取り付け、付属の透明アクリル製の台座に設置すると存在感・重量感のある仕上がりになりました。
飾って頂くお部屋がさながらヤマトと激闘を繰り広げる宇宙空間のようになりますね。

宇宙戦艦ヤマトに登場の艦艇は勿論の事、どんな艦艇でもお客様のお好みの仕様で製作致しますので
是非一度お問い合せください!
楽しいスタッフが貴方からのお問い合せをお待ちしております。