東京都 K.I 様 ご依頼品
TAITO non Scale
「ダライアス」より SILVER HAWK

クリックで画像
が表示されます
   ↓


タイトーが誇るアーケードゲームの金字塔「ダライアス」から、主役(プレイヤー1)の赤い『シルバーホーク』を製作しました!!

当時の横スクロールシューティングのアーケードゲーム筐体としては、異例ともいえる連接3画面横繋がりの長い画面で、自機が画面の中で小さく感じているのに、敵ボスが画面全体の1/3を締める程デカイというインパクトは当時ゲームをプレイした人間にとって、忘れる事が出来ないでしょう。(以降、このシリーズはこれを基本として踏襲されています)

さて、本題のキットなんですが、いつもの様に表面の下地処理や塗装に手間がかかると言うのではなく、組立てに関わる部分で苦労させられました。

それは・・・

パーツの歪みもさることながら、シンメトリーバランスが合っていないという事実でした。
レジンキャスト製だし、ガレージキットだからと言ってしまえばそれまでですが、折角カッコイイ機体なのだから、カチッとしていればスケールモデル然りとなれそうな気もするんですけどね〜。

お湯で温めて少しずつ歪みを戻しながら、削り過ぎない程度に形で調整したり、極端に目立たないように加工もしましたが、やはり元に限界がある為、よ〜く見るとハッキリ分かっちゃうようにしか出来なかった部分もあります。

当然、完成塗装である程度カバーできるので、部屋に飾ってチョット眺める程度なら、気にもなりませんが、几帳面に測ったりシルエットがハッキリわかる背景がある場合には、気がつく人は気がつくでしょう。

その為にも、可能な限りの手を入れているのは、やはりモデラーとしての性ですけどね。
だって、ご依頼者様にも出来るだけ喜んで頂きたいですから!


さて、なんだかんだと、難点はありましたが、ご覧のとおりに仕上がりました♪
ネ、カッコ良く出来ているでしょ?!

格好良いキットなら格好良く、そうではないキットでもそれなりに仕上げるのがプロです。
「NAGAEアートプロダクション」はそういった事を補えるだけの技術と経験と真心で、ご依頼者様のご期待にお応え致しております!
どんなキットでも、是非とも弊社にお任せ下さい♪