ホーム → ギャラリー「メカ」 → バッシュ・ザ・ブラックナイト
クリックで画像
が表示されます
   ↓

「ファイブスター物語」より
バッシュ・ザ・ブラックナイト 
・千葉県 M.K 様 ご依頼品
・VOLKS  1/144 Scale プラスチックモデルキット

FSSで現在もなおキットがリリースされ続けている人気MHバッシュ。今回はIMSシリーズ初の1/144でリリースされたプラモデルをご紹介致します。
基本的な構成は弊社で以前製作した1/100の物と変わらず、シャープさを据え置きでダウンサイジングされた内容になっています。
(参考 「VOLKS 1/100 IMS 黒騎士」製作記事
アーマーの分割や各部品のレイアウト等もそのまま以前のキットから踏襲されていますが、ポリキャップのテンションが見直されている様で組立て時にキツすぎるor緩すぎるということが無くなっており、当時からの技術進歩を感じるクオリティに仕上がっています。
メタリックを基調にしたカラーに塗装するので、いつも以上に細かなキズに注意しながら下地処理を進めていきます。

塗装はまずソリッドカラーのダークグレーを吹き付けて、その上からメタル粒子の入ったクリアーパープルをコートして色を出しています。ソリッドカラーにクリアーを乗せる事で、調色だけでは表現しきれない深みある色に仕上がり、よりMHらしい重厚さを再現出来ます! 肩のメタリックレッドはシルバーからクリアーレッドを重ねて表現しました、
ほぼキットの成形色どおりに塗り分ければ設定と同じカラーになりますが、剣は柄まわりに塗り分けを必要とします。立ち上がりの悪いオレンジを先に塗装してからガンメタを色挿ししました。
ちなみに色が暗くて写真では分かり辛いのですが、アーマー裏の装甲も全て塗りわけています!  地味ながらも塗り分ける事で格段に仕上がりが良くなりますので、 少々面倒でも是非塗装しましょう。

最後の組立てでポーズを固定していきます。ポーズはバッシュと言えばこれ! という設定画でお馴染みの姿ですね。ベイル(盾)に剣の固定具があるので、そこに左手の剣を止めて再現しました。
1/100と比べてサイズこそ違えど密度やスタイリングはほぼそのままの、存在感溢れるバッシュが完成しました!