ホーム → ギャラリー「メカ」 → VF-1Jバトロイドモード
クリックで画像
が表示されます
   ↓

「超時空要塞マクロス」より
VF-1Jバトロイドモード
・三重県 I.S 様 ご依頼品
・ハセガワ  1/72 Scale プラスチックキット

戦闘機から華麗に変形するロボット、多数の楽曲を歌う歌姫、主人公とヒロイン達の間で繰り広げられる恋模様。このマクロスシリーズを象徴する三本柱は一作目【超時空要塞マクロス】で既に確立していました。今回はその一本を象徴する変形ロボット、VF-1Jを製作しました!
主人公達が乗り込む変形ロボット、バルキリーことVF-1シリーズは戦闘機形態のファイター、人型形態のバトロイド、その中間のガウォークの3形態に姿を変える事が出来、場面ごとにめまぐるしく姿を変えて高速戦闘を繰り広げてくれました。この変形プロセスはデザインを起こす段階でブロックトイでモックアップを作って、部品の位置関係を研究して組立てて行ったそうです。
VF-1のキットは各社から販売されており、今回はプロポーション重視で設計されたバトロイド形態固定モデルを製作していきます!

可変機構がオミットされたキットですので、ロボット物のキットにしてはパーツ点数が控えめです。それでも関節やユニットごとの部品分けがある為、あちこちに合わせ目が発生します。そこで継ぎ目を処理していきたい所ですが、モールドが非常に繊細に彫刻されており、ちょっとサンドペーパーで磨くだけであっという間に消えてしまいます。モールドを跨ぐ合わせ目消しを行う際は、必ず先にスジ彫りを深く入れ直してから行いましょう。
本キットはプロポーションを【超時空要塞マクロス劇場版ー愛・おぼえていますかー】版のデザインに合わせており非常にスタイリッシュな体型になっている反面、股関節をはじめとする関節軸が細めに設計されていて強度的に不安な箇所がいくつかあります。特に股関節は飾っている間にポッキリいく危険性もあった為、1mmの真鍮線を予め通して補強しました。

塗装は前途の繊細なモールドが曲者になります。モールドを彫り直しても塗装を厚くかけ過ぎると埋まってしまうので、発色するギリギリの範囲で塗装して可能な限り塗膜を薄く仕上げました。色味はお客様から細かくご指定を頂き、それぞれのカラーに合わせてあります。
キットにはマーキングと赤ラインを再現するデカールが入っていますが、ラインはより美しく仕上げる為に塗装で再現し、マーキングのみデカールを使用しました。

完成したVF-1Jは劇中の活躍を思い起こさせる、スタイリッシュでかっこいい完成品に仕上がりました!