RMモデルズ 2011年8月号掲載作品
KATO 1/150 Scale (Nゲージ)
東北新幹線 E5系 はやぶさ

クリックで画像
が表示されます
   ↓



あの忌まわしい震災で一部壊滅的な打撃を受けながらも、信じられない速さで復旧し、先頭車に強い決意のロゴマークを配して東北新幹線が再び走り出しました。
中でも就役間もない新型車輌の『E5系はやぶさ』は本来の最高速度こそ抑えているものの、東北の新たな希望として、人々に記憶されたことでしょう。

と、いう訳で、作例の方もKATOがは発売されて間もない『E5系はやぶさ』を震災後バージョンで製作致しました。
今回も巻頭記事に掲載となり、さらに前号の『上毛電鉄 大胡駅ジオラマ』に引き続きこの「はやぶさ」でも表紙を飾らせて頂きました♪

製作記は本誌をご覧戴くとして、今回の目玉は実車でも話題の『グランクラス』です。
KATOのこの製品は、グランクラス車内も良く出来ていて、シートなんがちゃんとその形をしているんですよ!

車輌がメインの作例ではありますが、これにはモデラー魂がくすぐられましたね。
写真やカタログなどの資料をもとに、床、シートバック、モール等もしっかり塗り分けしてみました。
さらに、1/150スケールのフィギュアを2体、フルスクラッチで製作!
その服装まで塗り分けるという、オールラウンドプロモデラー集団「NAGAEアートプロダクション」ならではの細工も忘れません。

このフィギュア、誌面でその写真を見て、笑えた方はTVで「はやぶさ(グランクラス)のCM」を良く覚えている方なのでしょうね。
そう、某社の液晶TVのCMにも出ていらっしゃる『あの御方』なんです!
もう1人はCMに一緒に出ている「アテンダントの女性」であることは言うまでもありません。

しかし残念なのは、はやぶさの窓は「小窓」なのでボディを被せてしまうと、車内が殆ど見えなくなってしまう事ですね(笑)。

さて、今回もウレタンクリアーで美しく仕上げた光沢ボディの『E5系はやぶさ』は如何でしたしょうか?
ご意見・ご感想は「RMモデルズ編集部」へ送ってあげて下さい(笑)。