モデルカーズ No.197 2012年10月号掲載作品
ハセガワ 1/24 Scale
TOYOTA COROLLA LEVIN GT APEX
AE101 スーパーストラットサスペンション搭載型



クリックで画像
が表示されます
   ↓

昨今の新型86(ハチロク)人気にはAE86(レビン・トレノの形式番号)が、当時の若者(頭文字Dで人気再燃の経緯もありますが・・・)にどれだけ影響を及ぼしたかが伺えますね。

しかし、その系譜はエンジンに4AGを搭載したスペシャリティクーペに有ります!

このAE101型レビンは、スポーティグレードの「GT APEX」で、「GT−Z」のようなスーパーチャージャーは搭載していないものの、スーパーストラットサスペンションがオプションで選べ、自然吸気エンジン+スポーツサスの恩恵で、ハンドリング志向のドライバー達に高い評価を得たモデルです。

『TOYOTA 86』を語る上で、もしかしたら最終形のAE111よりも大事なモデルかもしれませんね。

今回はハセガワのキットを使用しての製作です。
しかし、ここはやっぱり、いつものお約束ということで・・・・・
詳細は本誌面でご覧下さい!(笑)





なんとまぁ、久しぶりにドストレートな作例です。
もちろん、車高や四輪接地の為の、加工と微調整は行なっていますが、塗装にウレタン塗料で光沢を付けているくらいで、組み立ては本当に「ほぼストレート」に製作をしただけのものです。

国産車の雑誌作例としては、珍しいのかもしれません。
それに、実車でもこのクルマを何処もいじらずに乗っていた人も少ないのでは?!
(大抵はエアロパーツやアルミホイルを変えていた気がします)

まぁ、たまにはこんな作例も楽しいですし、何より普通に車のプラモデルを作るということはこういうことなんですしね♪

プラモデルを基本に忠実に作りつつ、より綺麗にカッコ良くしていくことで、経験と腕を磨くには、スケールモデル、それも身近な存在である車のプラモデルがお薦めです。
自分が乗っている(乗っていた)または、乗りたかったカーモデルを貴方も楽しんでみましょう♪