長江啓一郎模型製作講座「atelier souvenir」特別作例
フジミ  1/32 Scale
日野セレガ 東京エアポートリムジン

ホーム → ギャラリー「メディア」 → 日野セレガ東京エアポートリムジン
クリックで画像
が表示されます
   ↓



長江啓一郎ブログ「どうよ! お願いしますよ!」にて掲載したモデルです!
羽田空港・成田空港のアクセスに最適なリムジンバスです。主に三菱ふそうのエアロクイーン、本作例の日野セレガが採用されており、白のボディにオレンジのラインが眩しく美しいデザインです。
ブログ内で解説できなかった製作工程をご説明します!

本キットはボディが塗装済みで用意されており、塗装が苦手な方でも安心して組立てられます。・・・が、大量生産で塗装された車体はパーティングラインがそのままだけでなく色のムラや漏れが散見し、このまま仕上げると美しい完成品になりません。そこでまず成分が弱いシンナーで塗料を落として、ボディを真っ白な状態にします。もちろん車体のパーティングラインは全て綺麗に処理して、プラモデルっぽさを失くします。
ここからは機材が必要となります。オレンジのラインのうち、後方に伸びる細いラインは塗装で再現する事が困難です。そこでデカールを作成して貼り込む弊社お得意の手法で表現しますが、ここでネックとなるのが解像度と色合いの再現度です。研究を重ねた結果、ケイトレーディング製のミラクルデカールにレーザープリンタで印刷することで、最も美しいライン及び色の表現が出来る事が判明しました!広い面積を塗装した後にデカールを貼り、ウレタンクリアーでコートして研ぎ出しをすれば、どこからがデカールなのか一見分からない程自然になりました。
ボディの塗装は上記の通り試行錯誤を重ね時間を要しましたが、室内は単純に作業量が多くて時間を要しました。バスにご搭乗された事のある方はご存知と思いますが、内装の各パネルやボード等は全て同じ色合いで統一されているなんて事は無く、当然シートも単色ではありませんので、室内のあらゆる箇所にマスキングを必要とします。さらに側面ガラスは濃いスモークが入るため、このガラスもクリアー塗料を広い面積にムラなく吹かねばならず、ある意味ボディ以上に気を遣いました。

外も中も大変手間を要するキットでしたが、仕上がると御覧の通りまるで実車の様な美しい仕上がりになりました! バスのキットを実車の様な仕上がりにするには色落とし等の他のスケールキットにはない大変な部分もありますが、その分完成後の充実感はひとしおです。ご興味がある方は是非チャレンジして下さい!