モデルカーズ 2012年9月号 掲載作例
アオシマ 1/24 Scale
ランボルギーニ・アヴェンタドール LP700-4
※発売前のテストショト(試作成形品)による製作です。
※製品版とは細部が異なる部分がございます。




クリックで画像
が表示されます
   ↓

「ランボルギーニ・アヴェンタドール LP700−4」は、現在のランボルギーニ社におけるフラグシップモデルで、その名にある通り『700馬力』を絞り出す6.5リッターのV12を持つスーパースポーツ・・・いやこのマシンこそ『スーパーカー』と呼べるのでしょう。

この作例がいつもと違う点としては、(製作当時)まだ開発中のテストショット段階のキット(もちろんパッケージも組立説明書も無い状態です)で製作している点です。
その為、実際の製品とはことなる部分もあると思いますが、そういった特殊な製作でもビシッと仕上げるのが「NAGAEアートプロダクション」の凄さです。
勿論、雑誌掲載を前提として「青島文化教材社」様より供給を受ける事も、一般のモデラーさんたちとは一線を画すどころか二線も三線も違うところです。

発売前の、それも開発中のテストショット(完成に近いの試作段階の成形品)というだけで、すんなりと完成する筈の無い、このキットを仕上げるのは相当の腕前がなければチャレンジすることさえ儘なりません。

その辺も踏まえて、製作内容に関しては「モデルカーズ No.196(2012年9月号)」をご覧下さい。(7月26日発売号でしたので、お手元に無い場合はバックナンバーでのご購入をお薦めいたします)





そういえば、5月のホビーショウ(静岡)では、アオシマのブースに実車のアヴェンタドールが展示されていましたねぇ。
めちゃくちゃ低い車高と押し出し感の強いフロントマスクが非常に印象的な1台でした。
やっぱり、速いクルマは独特のオーラを纏って見えますね。

ちなみに「モデルカーズ No.196(2012年9月号)」には、以前このギャラリーでもご紹介した『アストンマーチンDBS』も掲載されています。
そちらも合わせてご覧下さい。