電撃ホビーマガジン 2011年6月号掲載作品
アオシマ 1/24 Scale
SUBARU IMPREZA WRX STI
GBR type 5door with '07 Option Wheel



クリックで画像
が表示されます
   ↓


 


「インプレッサ WRX STI」この車名を聞いて、WRC(World Rally Championship)を連想するモータースポーツファンも多いでしょう。
2008年を最後にスバルがワークスとしてのWRC参戦を打ち切ってしまったのは、記憶に新しい事件でした。

その為、フルモデルチェンジをして、更に戦闘力を上げたであろう新型インプレッサがWRCのコース上を疾走する姿は見る事が出来ませんでしたが、新形状の5ドアボディは空力も考慮されたバランスの良いデザインに、ボンネット上のエアインテークが『WRX』というグレードであることを物語っています。

今回の作例製作ではアオシマが「完全新金型」として開発したキットをこの車輌のイメージカラーでもある『WRブルーマイカ』調のカラーリングで製作しました。
使用するキットはオプションホイール付きのSTIバージョンです。

製作の詳細は4月25日に発売された『電撃ホビーマガジン』本誌をご覧頂くとして、このギャラリーでは、誌面でご覧頂けなかった様々な角度で完成品をご覧頂けます。

      

仕上げはいつものように「ウレタンクリアー&研ぎ出し」で、新車同様の美しい光沢を与えてあります。曲面が多用されているボディデザインだからこそ、ムラの無い研ぎ出しがしっかり出来ることが条件となりますが、そこは弊社のノウハウってやつですよ(笑)


ディスプレイモデル、特にカーモデルでは、まるで自動車メーカーのカタログのように、映り込む程に光沢の有るボディが、凛とした美しさと逞しいながらも精悍なフォルムをより一層引き立ててくれるので、飾っていても飽くことのない魅力を失うことはありません。

カッコイイ車輌を作るも良し、お気に入りの車輌を作るのも好し、「作りたい」と強く思う気持ちが作品の出来映えを左右する大事なポイントです。
どんな車輌でもよいので、皆さんも是非チャレンジしてみて下さい。