RMモデルズ 2011年7月号(No.191)掲載作品
1/150 Scale(Nゲージ)
上毛電鉄大胡駅

クリックで画像
が表示されます
   ↓

別ウィンドウで
開きます

別ウィンドウで
開きます


今までにもジオラマやヴィネットの製作は、ご依頼分の製作として行ってきましたが、雑誌作例としてこの大きさで作るは初めてですね。
(博物館とか企業イベント用などのお仕事は受けているのですけどね・・・)

実はこの為にだけに、3月に「実際の大胡駅」までロケハンに行ったのでした。
敷設された線路上を歩いたり、列車に乗って車窓からの眺めを楽しむ・・・・・なんてことは全くなかったので残念でしたけど。
上毛鉄道は通常通り運行していて、限られた時間の中での取材となった為、ムービーや写真などの撮影に終止しておりました(涙)

それでも、イベント以外では一般人が足を踏み入れることの出来ない場所を、自分の足で歩くというものは、ちょっとした優越感もあったりして(笑)。

兎に角、この手の製作物を弊社のギャラリー上で公開することは、あまり多く無いので、この機会に是非とも誌面と合わせてご覧頂きたいと思います。



製作記などは、RMモデルズ本誌をご覧頂くとして、今回は完成後の事を少し・・・

モノが大きいので、今回はRMモデルズ編集部まで直接納品した訳ですが、ネコ・パブリッシング社自体が引っ越しの真っ最中ということもあり、とりあえずのカタチで会議室(だった部屋)に運び入れたのです。
その部屋では、ロケハンの時に同行したライターやカメラマンの方々が、一人一人が時間差でばらばらと見に来ては「オォ! オオォ! そうそう!! こうだったよねぇ〜♪」と様々な角度や視点で造形物の一つひとつを見るたびに、まるで台本の読み合わせを繰り返すかの如く、全員が同じ台詞を口にする光景が面白くも印象的でした。
そして、最後に全員が揃った時に、製作した我々も含めてその場の皆が満足げにニヤニヤしている時、或る種の達成感があったことは言うまでもありません。

本誌では次号の車両編にもこの『模「景」』は登場するので、是非ともこの掲載号(191号)と合わせてご覧頂きたいです。